« インソムニア | トップページ | コンタクト »

fallen / evanescence




重いビートに切ないメロディー。
低音を強調したアレンジに、女性ヴォーカルの切ない高音が映えます。
グルーヴがとても独特で、ドカッとした重さの中に何かが浮遊しているようなイメージを想起させられます。
頑なまでにマイナーキーで曲を作り、切なさや、暗さを出しているように感じます。
それにもかかわらず、バンドのビートとヴォーカルの伸びで、暗いというよりはかっこいい感じにまとまっています。
マイナーキー好きな日本人にはなじみやすい曲だと思います。
なによりかっこいいですしね。

おすすめポイント
まずは曲目から。
fallen / evanescence
1 going under
2 bring me to life
3 everybody's fool
4 my immortal
5 haunted
6 tourniquet
7 imaginary
8 taking over me
9 hello
10 my last breath
11 whisper
12 farther away


試聴してみる   歌詞


ちなみにカタカナタイトル。
フォールン / エヴァネッセンス
1 トーイング・アンダー
2 ブリング・ミー・トゥ・ライフ
3 エヴリバディーズ・フール
4 マイ・イモータル
5 ホーンテッド
6 ターニケット
7 イマジナリー
8 テイキング・オーヴァー・ミー
9 ハロー
10 マイ・ラスト・ブレス
11 ウィスパー
12 ファーザー・アウェイ


最初に聞いたのは、2曲目のbring me to lifeですね。
映画「デアデビル」のサントラに使用されて大ヒットした曲です。
この映画にはサッパリ興味ありませんでしたが、この曲にはめちゃめちゃ惹かれましたね。
新鮮な音の感触にハッとさせられました。
とにかく、アレンジと歌声のありえないコンビネーションがいいですね。
この組み合わせで、こんなにきれいでかっこいい曲になるのかと。驚きましたね。
4曲目のmy immortalは、アルバムのアクセントにするためなのか、ピアノとストリングスのバラード的アレンジになってます。
この曲もヒットしたそうですが、ぶっちゃけいらなかったですね。
このアレンジなら他にもやってる人いっぱいいるし、なによりバンドの良さが全然出てないです。
同じ意味で、9曲目のhelloもいらないかと。
なんで、この2曲はとばし曲になってます。オレの中では。

が、他の曲はかっこいいです。
3曲目のeverybody's foolは、オープニングのギターのアルペジオで引き込まれ、ドカーンと入ってくるリフでやられます。
すごく悲しいメロディーなのでほろほろきちゃいますが、しっかり頭は振っているという、意味の分からない状況になること間違いなしです。
7曲目のimaginaryも、ストリングのきれいなオープニングにピアノのきれいなAメロ、そしてディストーションギターのガッツリきたサビと、聞きどころ満載ですね。
8曲目のtaking over meや10曲目のmy last breathなんかも激しくきれいで重くてふわっとしてます。

1枚のアルバムでコンセプトが一貫しているので、今日はエヴァネッセンスの気分と思ったらこのアルバムをひたすらかけとけばお~け~ですね。
彼らの音を1度聞いたら捕まりますよ。
彼らの世界に。
さあ、一緒に悲しいメロディーに涙を流しながら、激しいビートに頭をガンガン振りましょう!!!

音楽CDつくりま専科

メンバー:入れ替わりがあるので、ぼちぼちと載せときます。
vocals:amy lee(エイミー・リー)
guitar:ben moody(ベン・ムーディー)
bass:tim mccord(ティム・マッコード)
drums:will hunt(ウィル・ハント)
guitar:troy mclawhorn(トロイ・マクローホーン)
guitar:terry balsamo(テリー・バルサモ)

公式サイト

日本語公式サイト

公式ファンクラブ

USENが提供する音楽ダウンロードサービス、まずは無料試聴を。
【OnGen USEN MUSIC SERVER】

洋楽INDEXへ           TOPへ

« インソムニア | トップページ | コンタクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/9131005

この記事へのトラックバック一覧です: fallen / evanescence:

« インソムニア | トップページ | コンタクト »