« eye to the telescope / KT tunstall | トップページ | fallen / evanescence »

インソムニア

★最大1ヶ月無料お試しキャンペーン中!★宅配レンタル『TSUTAYA DISCAS』


insomnia


don't lose your way.
このセリフがすごく印象的でした。
「道を見失うな」って意味ですね。
言葉自体はありふれているけど、この映画のあのシーンでアル・パチーノが放ったこのセリフは心を震わせました。
まさに男の言葉!
人としての道を踏み外す誘惑なんて、そこら辺に転がっていて、その誘惑に乗るか乗らないかは、運とタイミングに大きく左右されますからね。
常に自分の理念とプライドをもって行動していかなければいけないなと思わせる映画でした。

ストーリー
ロサンゼルスの敏腕刑事ウィルは、猟奇殺人の捜査のためアラスカに赴く。
彼は白夜の中で不眠症となり、次第に精神のバランスを崩していくのだが、ある日霧の中で犯人を追っている際に、同僚の警官を撃ってしまう。
2人の関係を見れば、間違いなく故意に撃ったと疑われる。いや、もしかしたら故意に・・・。
彼は偽装工作をたくらむ。


う~ん。こうしてストーリー書いてみると、あんまり面白そうじゃないな~。
やっぱり、ストーリーはありふれてるからかな~。
映画はすごくおもしろかったんですけどね。
やっぱりあれかな、ストーリーそのものはメインじゃなくて、人物描写に徹してるってところですかね。
そのへんが面白いと感じたのかも。
タイトルの「インソムニア」は「不眠症」っていう意味です。
この不眠症と良心の呵責に悩まされる主人公を演じるのが、アル・パチーノです。
彼が最高の役者であることは百も承知ですが、この映画では特に素晴らしかったと思います。
終始見せる苦悩の表情は圧巻です。

監督:christopher nolan(クリストファー・ノーラン)
出演:alfredo pacino(アル・パチーノ)
   hilary swank(ヒラリー・スワンク)
   robin williams(ロビン・ウィリアムズ)
   martin donovan(マーティン・ドノヴァン)
   moura tierney(モーラ・ティアニー)

こうやってキャストを並べてみるとすごいですね。
アル・パチーノも素晴らしいですが、周りの役者も素晴らしかったです。
「ミリオンダラー・ベイビー」でアカデミー賞をとった、ヒラリー・スワンクなんてほんとにいい演技しますよね。
今回は主人公を尊敬する新人デカの役で出ています。
どんな役をやらしてもこなしてますよ、彼女は。
そして、どう見てもいい人なロビン・ウィリアムズは、驚くべきことに今回は悪役です。
まあ、この映画の中では何が悪かっていうのは分かりづらいですが。
ロビンも、いい感じの悪を演じてます。なんか彼の優しい感じがぴったりはまってますね。

はい、人物描写をメインに持ってくる上では、申し分のないキャストになっていると思います。
もちろん詳しいことはネタバレになるので書けませんが、それぞれの思惑と苦悩が感じられて、とてもすばらしいです。
人は、どの場面でも道を踏み外せるのです。
それを、どう悔い改め、反省し、改善していくか。
踏み外した道を歩み続け、苦悩と良心の呵責に悩み続けるか。
どっちをとっても地獄に変わりはないのですが、はたしてこの映画はどんな答えを出すのか?

映画INDEXへ        TOPへ

« eye to the telescope / KT tunstall | トップページ | fallen / evanescence »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/9129355

この記事へのトラックバック一覧です: インソムニア:

« eye to the telescope / KT tunstall | トップページ | fallen / evanescence »