« 「ドンマイ」って? | トップページ | ハリー・ポッター / J.K.ローリング »

「サボタージュ=サボる」のウソ




sabotageとスペります。
うわさの通り、日本語のサボるの語源になっています。
んが、仕事をサボったとか学校をサボったとかって伝えたいときに、このサボタージュを使っても全く通じません。
全くです。
微塵も伝わりません。
sabotageはもともと、生産妨害活動や工場などの破壊活動の事を言います。
もとはフランス語で、労働争議の一種である「怠業」(仕事を遅くして生産を減らすこと)という側面だけを見て、日本語として取り入れられたようです。

という事で、うっかり、
「i used to sabotage school when i was a high school student.」
なんと言った日にゃぁ、
「私は高校生の頃、よく学校を破壊していました。」
って意味になるので気をつけましょう。
まあ、そんな事聞いて信じる人はいないでしょうけどね。

んじゃ、「サボる」って英語でなんていうんだろうって言うと、loafやskipを使う事が多いようです。
loafは、だら~~~っとする感じです。
「a group of kids were loafing around outside」
(少年グループが、外でだらだら過ごしていた)
みたいに使います。

skipの方は、学校に行かなかったり、仕事に行かなかったりするっていう意味で使います。
「he often skips afternoon's class.」
(彼はよく、午後の授業をサボります)
っていうふうに使います。

あんまり関係ないですが、学校の話題が出たのでもうひとつ。
オレは(あんまり)やりませんでしたが、テストのカンニングの話。
まずテストですが、学校の試験の場合「test」っていう単語はあまり使いません。
小テストなんかでは使うようですが、定期試験などの大きい試験の場合は普通「exam」を使います。
「examination」の略ですね。
それとカンニングですが、「cunning」という単語は使いません。
こちらは全く使いません。
cunningには、ずるいなどの意味がありますが、テストのカンニングの場合は「cheat」を使います。
ズルをするって意味ですね。
まあ、オレは誠実なんで、あまりオレには関係ない単語ですけどね!!

カンニング竹山プロフィール



【アメリカの小学生 単語ゲーム】はカラフルな紙面にクロスワードなど英語パズルが満載! CD付きだから発音も覚えられ「個人的に欲しい」と英語の先生方にも大評判。大人の脳トレにもピッタリ!

気になる英語・日本語INDEXへ      TOPへ

« 「ドンマイ」って? | トップページ | ハリー・ポッター / J.K.ローリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/8992835

この記事へのトラックバック一覧です: 「サボタージュ=サボる」のウソ:

« 「ドンマイ」って? | トップページ | ハリー・ポッター / J.K.ローリング »