« 時をかける少女 | トップページ | ネットでなんとなく稼ぐ。 »

さよなら絶望先生 アニメ



マニアックネタが好きな人は見ときなさい。


超ネガティブ先生と、超ポジティブ女子高生。
その他クセのあるキャラクターたちが登場するコメディーアニメ。
このアニメは、とにかくネタが細かい。
いたるところに小ネタが埋め込まれている。


原作 (←ココでまとめて購入出来ますよ)は久米田康治(くめだ こうじさんの週間少年マガジン連載の同名コミック。

このコミックの方にもネタが満載。

もう、どんだけ詰め込むんだって位満載。

本編は当然だけど、サブタイトルや、オープニングに、エンディング、果ては背景や黒板にまでネタが詰まってる。

そのネタの内容も、時事ネタやバラエティーネタ、政治ネタや文学ネタまで入れてしまう恐ろしさ。

おそらくDVDをコマ送りにしないと全部見切れないんじゃないか?

いや、コマ送りにしたとしても、ネタがマニアックすぎて気づかない恐れあり。

「うわーー!こんなとこにこんなマニアックなネタが埋め込まれてたーー!」

って、何度思った事か。




そして、ネタもさることながら、キャラたちも個性があって非常に楽しいです。


糸色望(いとしき のぞむ)声:神谷浩史(かみや ひろし)
超ネガティブ高校教師。すぐ自殺しようとする。すぐ絶望する。

風浦可符香(ふうら かふか)声:野中藍(のなか あい)
超ポジティブ女子高生。首吊りやストーカーまでもをポジティブに捕らえる。

音無芽留(おとなし める)声:??
しゃべらないので、メールでコミュニケーションをとる。が、メールは超毒舌。

木津千里(きつ ちり)声:井上麻里奈(いのうえ まりな)
名まえの通り、なんでもきっちりしていないときがすまない。

木村カエレ(きむら かえれ)声:小林ゆう(こばやし ゆう)
もちろん木村カエラのパロ。多重人格のバイリンガル。

小森霧(こもり きり)声:谷井あすか(たにい あすか)
名まえの通りひきこもり。学校にひきこもるようになる。

関内・マリア・太郎(せきうち まりあ たろう)声:沢城みゆき(さわしろ みゆき)
出席番号を買って在籍している、不法入国の少女。あだ名は、マ太郎。

常月まとい(つねつき まとい)声:真田アサミ(さなだ あさみ)
名まえの通りストーカー。

日塔奈美(ひとう なみ)声:新谷良子(しんたに りょうこ
普通の女子高生。周りのキャラが濃すぎるから、この普通さが逆に新鮮。

臼井影朗(うすい かげろう)声:上田陽司(うえだ ようじ)
影が薄い本当の学級委員長。みんなは木津さんが委員長だと思ってる。


この他にもたくさんの味のあるキャラたちが登場します。

ちなみにアニメ版の監督さんは、新房昭之(しんぼう あきゆきです。


2集以降の作品

アニメ公式ページ



アニメ・コミックINDEX         TOPへ

« 時をかける少女 | トップページ | ネットでなんとなく稼ぐ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/8763159

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら絶望先生 アニメ:

« 時をかける少女 | トップページ | ネットでなんとなく稼ぐ。 »