« first of may / the bee gees | トップページ | one angry dwarf and 200 solemn faces / ben folds five »

melody fair / the bee gees

★最大1ヶ月無料お試しキャンペーン中!★宅配レンタル『TSUTAYA DISCAS』



すごく優しい、癒される曲。
非常に心地良い曲です。
アレンジも歌も、すごく穏やかな時の中を流れていきます。
アレンジは、ベースとアコースティックギターとストリングスのシンプルな作りに、優しいドラムの音で軽くリズムを作っている感じです。
優しいアレンジの上に乗ってくる、ハイトーンのきれいな歌声がものすごくマッチしています。
曲は、ストリングスとアコースティックギターの音で始まります。
それにドラムと、ベース、ヴォーカルが乗ってきます。
これ以上の小細工はありません。
ひたすら穏やかにメロディーが流れていきます。
すごく落ち着く一曲です。

試聴しに行く      歌詞

オレのヘッポコ歌詞和訳
タイトルの「melody fair」ですが、実は意味が分かりません。
はじめは「穏やかなメロディー」かとも思ったんですが、どうやらある女性に向かって「メロディー・フェア」と呼びかけているようなんです。
だから、もしかしたらその女性の呼び名かもしれません。
他の部分でも、この曲の歌詞はあいまいな表現が多く、訳す人によって全然違う訳詩になるんじゃないでしょうか。
本人達に聞いてみないと、本当のところの意味は分からないかと思います。
まぁ、全体的には、一人の女の子を元気付け、慰めようとしている曲なように読み取れます。

melody fari / the bee gees
メロディー・フェア / ビージーズ
☆無数の標識を見て泣いている、あの女の子は誰だろう
彼女は人生がレースだって事を知ってる
どんな表情も顔に見せられない

※メロディー・フェア、髪をとかさないの?君も美しいにちがいない。
メロディー・フェア、君はたった一人の女性だって事を忘れないで
メロディー・フェア、君はオンリーワンの女の子

窓ガラスに顔を押し付けて、雨が降っているのを見ている女の子は誰だろう
メロディー、人生は雨みたいじゃないよ
メリーゴーランドみたいなものさ

※くり返し

☆くり返し

※くり返し


1960年に発表された「odessa/オデッサ」 に収録されています。
映画「小さな恋のメロディ」の主題歌として、日本では大ヒットしました。

メンバー
barry gibb(バリー・ギブ)
robin gibb(ロビン・ギブ)
maurice gibb(モーリス・ギブ)

公式サイト

音楽ファンの新常識!CD物々交換サイトpopmeeting

TOPへ     この一曲INDEXへ

« first of may / the bee gees | トップページ | one angry dwarf and 200 solemn faces / ben folds five »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/9366493

この記事へのトラックバック一覧です: melody fair / the bee gees:

« first of may / the bee gees | トップページ | one angry dwarf and 200 solemn faces / ben folds five »