« cigarette / ben folds five | トップページ | the rose / bette midler »

when a man loves a woman / bette midler




愛する女性のために全てを捧げる
スーパーストレートなラブソングです。
アレンジの感じは、少しクラシカルなポップバラードっていう感じです。
クリーンで優しいエレキギターの音に、ピアノやラッパを使ってアクセントをつけていくようなアレンジです。
曲はスローで落ち着きがありますが、情熱的な曲なので、パワーのあるヴォーカルがものすごい押しをしてきます。
後半、盛り上がってからのヴォーカルは、本当に情熱的です。
そして終盤の歌は、本当に圧巻です。
パワフルさと、情熱にやられます。

試聴しに行く   Bette Midler - Bette Midler: Experience the Divine - Greatest Hits - When a Man Loves a Woman           歌詞

オレのヘッポコ歌詞和訳
タイトルは「when a man loves a woman」ということですが、邦題には「男が女を愛する時」という直訳がつけられています。
曲の内容は、タイトルそのまんま。
一人の男が、一人の女性を愛するとどうなってしまうかを歌っています。
まさしく直球ラブソング。
直球ど真ん中ですよ~。
変化球なしです。
ひたすらまっすぐな気持ちを歌っています。

when a man loves a woman / bette midler
男が女を愛する時 / ベット・ミドラー
彼が私を腕に抱いて言った
ベイビー、君は僕のオンリーワンだ

男が女を愛する時
男は他の事を考えることができない
彼は、素晴らしいものを見つけるために
世界中を渡り歩くだろう
もし女が悪くても、男には見えない
女は悪い事はできない
もし彼が彼女をベッドに寝かせるなら
彼は友達に背を向けるだろう

男が女を愛する時
男は最後の1銭までもを使うだろう
彼が必要なものは我慢しようとするだろう
男は、全ての快適さを捨て
雨の中、外で眠るだろう
もし女が「それがあるべき姿よ」と言えば

男が女を愛する時
男は、持っているものを全て女に捧げる
女の大切な愛を掴もうとする
「僕をひどい目にあわせないで」と叫びながら

男が女を愛する時
心の奥底から
女は男をすごく惨めにできる
女は悪いけど
男は最後までそれが分からない
愛は盲目だから

そしてその男は、私を愛してると言う、愛していると
男は私に全てをくれる、全てを
私の大切な愛を掴もうとする
「僕をひどい目にあわせないで」と叫びながら

男が女を愛する時
男は彼女にヘマはできない
男は他の子を決して抱けない
あなたは私を愛してると言う
そしてきつく抱いてくれると
これが男の世界
いや、その男の世界に変化が訪れる


1980年発表の「ローズ」オリジナル・サウンドトラック に収録されています。
映画「the rose/ローズ」のサウンドトラックです。
この曲はもともと、1966年にpercy sledge(パーシー・スレッジ)によってリリースされたそうです。
その曲のカヴァーということになります。
他にもいろいろなアーティストにカヴァーされてきた、名曲中の名曲です。
日本でも、テレビ等で流れてるのを時々耳にします。

音楽ファンの新常識!CD物々交換サイトpopmeeting

公式サイト

レーベルサイト

TOPへ     この一曲INDEXへ

« cigarette / ben folds five | トップページ | the rose / bette midler »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/9379368

この記事へのトラックバック一覧です: when a man loves a woman / bette midler:

« cigarette / ben folds five | トップページ | the rose / bette midler »