« spain / chick corea | トップページ | blue blood / x »

art of life / x japan





ヘヴィーメタルの組曲。
一曲29分。
組曲構成のヘヴィーメタルです。
いろいろ書きますが、恐らく一曲通して聴いてみないとこの曲のすごさは分からないと思います。
オープニングはクリーンなエレキギターと、ピアノのフレーズです。
これから始まる長い旅を思わせる、静かなオープニングです。
ピアノは、澄んだ泉の水面に静かな波紋が広がるような音です。
そこにとんでもない、抜けるような高音のボーカルが乗ってきます。
ちょっとこれビックリしますよ。
静かなエピローグが終わると、情熱的なドラムと、歪んだエレキギターのソロが始まります。
ここのドラムはとても情熱的でかっこいいです。
これが終わると、いつものヨシキの2バスドラムを基調としたXのサウンドになります。
16ビートの2バスのパートと、強い8ビートのパートで構成されていきます。
激しいビートの上を飛ぶように舞うストリングスや、エレキギターとストリングスのソロの掛け合いなど、全く飽きさせない曲展開です。
そして、中盤では有名なピアノソロがあります。
まさに狂気のピアノです。
カオスです。
もう、何がなんだか分かりません。
っていうか、これが理解できちゃったら、ちょっと狂人かもしれませんね。
そして、終盤は物語のラストへ向かって突っ走ります。
最後まで、その曲の長さを感じさせない構成です。
そして、あまりに突然やってくる衝撃のラスト。
29分聴いてきたからこそ胸に響くラストです。
ここまで書いてきましたが、こんな文章で語れるような曲ではないです。
試聴のページも張っておきますが、ちょっと試聴しただけで分かる曲ではないです。
とにかく、一曲通して聴くこと。
聴けば分かります。

試聴しに行く    X Japan - ART OF LIFE - ART OF LIFE           歌詞

オレのヘッポコ歌詞和訳
タイトルの「art of life」は、「人生の芸術」や「人生学」くらいに翻訳するのが無難でしょうか。
ということで、歌詞の内容は人生です。
しかし、これが人生だとしたら、あまりに悲しいです。
いつものような幻想的な詩の中に、悲しいストーリを盛り込んでいます。
使われる言葉はとても美しく、使われる表現はとても切ないです。
「もし全てが夢ならば
今すぐ起こしてくれ
もし全てが現実ならば
ただ、殺してくれ」
切な過ぎます。
とにかく長い話ですが、じっくりその詩を味わいましょう。

art of life / x japan
アート・オブ・ライフ / エックス・ジャパン
砂漠のバラ
なぜ一人で生きるの
もし悲しいというのなら
その人生を終わらせよう
あなたは白?青?それとも血の様な赤?
オレには冷たいグレーの砂に溺れているようにしか見えない

時の風
それはオレを地面に叩きつける
のどが渇いて死にそうだ
逃げ去りたい
どうすれば自分自身を自由にできるのかわからない
オレの心は痛みを感じて叫んでる

自分自身を探して彷徨ってきた
どれだけ長い間、永遠の痛みを感じてきたろう
落ちていく、雨がオレの心の中を流れる
痛みの中で、オレはあなたを待っている
戻れない
戻る場所なんて無い
人生は失われ、花は落ちる
もし全てが夢ならば
今すぐ起こしてくれ
もし全てが現実ならば
ただ、殺してくれ

オレは、心の中に壁を作ってきた
自分の感情を外には出したくない
世界を見るのは怖い
君の瞳の中で、自分が失われているのに気づきたくない
オレは、自分の過去を灰色の中に沈めようとした
もうこれ以上、痛みを感じたくない
なにも言わずに君の元から立ち去った
オレが失いたくないものは、「愛」だ

オレの目を通して
時が涙のように流れていく
オレの感情は、人生の色を失いつつある
オレの心を殺して
全ての痛みを解き放って
声を出して叫んでる
狂気がオレを侵食していく

(壁から振り返っても 見えるものはなにもない
奥底の叫びが
心の中の別人に反射する
彼は心の内からオレを呼ぶ
「おまえの前に見える全ての存在は
消し去られるべきだ
夢、現実、思い出、
そしておまえ自身もだ」)

オレはコントロールを失いつつある
強い欲望は盲目で、オレの心を壊していく
オレが狂っていくのを、誰も止められない
あなたが、どんなにオレを心の中にとどめようとしてもね
なんであなたは壁を作りたがるの?
オレには憎しみの意味が分からない
嘘の言葉を聞いて、オレの脳みそは吹き飛びそうだ
オレはただ、あなたの愛を抱きしめたいだけだ

(憎しみに満ちた人形を刺し
その血でおまえ自身を洗え
怒りに満ちた時の流れに飛び込み
殺人の兵器を腹の「子宮」に振り回せ
叫び、混沌を作り出せ
喜びに血を流せ
そして何?愛のため?
オレは何をすればいい?

オレは、「今」と呼ばれる狂気を信じる
過去と未来は、オレの心を閉じ込める
時は盲目
でもオレは、愛の痕跡を残したい
時の壁に、心の傷に

人生の芸術
狂気の刃が夢を突き刺してる
今は、全ての真実を壊そうとしてる
でもオレは、痛みに傷ついた心を癒せない
生きることを始められない、人生を終われせられない
泣き続けてる

目を閉じて
時の呼吸が聞こえる
全ての愛と悲しみが
オレの心の中に溶け出す

涙を拭いて
オレの血だらけの顔を拭いて
オレは生きていることを感じたい
壁の外で

(おまえは、昨日の絵を描けない
だから、おまえは自分の血で自分の心を描いているんだ
おまえは「ノー」とは言えない
時のタイヤを回しているだけさ
首にロープを巻いたままな
おまえはモラルの壁を築き
その隙間から息をしている
おまえは、想像上の敵を作り出し、そいつらに追われてる
おまえは自殺しようとしている
おまえは、プロローグで満足しているんだ
そしておまえは、最初のページを真っ黒に塗っている
おまえは人生のスクラップを繋ぎ合わせ
おまえ自身の聖域を作ろうとしている
おまえは、ステージの隅のベルを叩いている
そしておまえは、オレを殺そうとしている)

※オレは、「今」と呼ばれる狂気を信じる
時は流れ続け、オレの心を壊していく
生きたい
自分で自分は殺せない
探しているものを、まだ見つけられていない
人生学
オレは自分を止めようとしてる
でも、オレの心は真実を壊そうとする
なぜだか教えて欲しい
オレは人生の意味を欲している
オレは生きようとしているのか?オレは愛そうとしているのか?
夢の中で

目を閉じて
バラが呼吸をしているのが聞こえる
全ての愛と悲しみがオレの心の中に溶け出す
涙を拭いて
オレの血だらけの顔を拭いて
オレは、自分が自分の人生を生きてることを感じたい
心の外側で

夢はオレを狂わせうる
オレは夢を捨てられない
オレは自分自身を止められない
自分が誰なのかも分からない
どの嘘が真実なのか
どの真実が嘘なのか

※くり返し

人生の芸術
永遠に血を流す心
あなたは決して最後の呼吸を終えたくない
生きたい
自分で自分を殺せない
まだ感じている
バラが愛を呼吸しているのを
オレの人生で


1993年に、シングル「ART OF LIFE」として発売されました。
もともとは、X japanの3枚目のアルバム「Jealousy/ジェラシー」と、2枚組みで発表される予定だったんですが、結局別で発売されることになりました。
原因は、ヨシキの体調不良と、トシのボーカル撮りの難航だそうです。

音楽ファンの新常識!CD物々交換サイトpopmeeting

メンバー
drums/piano:yoshiki(ヨシキ)
vocals:toshi(トシ)
guitars:hide(ヒデ)
guitars:pata(パタ)
bass:heath(ヒース)
X時代のベーシストはtaiji(タイジ)でした。

公式サイト

ソニーミュージックサイト

ワーナーミュージックサイト

ユニバーサルミュージックサイト

コロンビアミュージックサイト

音楽CDつくりま専科

TOPへ     この一曲INDEXへ

« spain / chick corea | トップページ | blue blood / x »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/10043219

この記事へのトラックバック一覧です: art of life / x japan:

« spain / chick corea | トップページ | blue blood / x »