« art of life / x japan | トップページ | la / old man river »

blue blood / x




伝説のバンドの、メジャーデビューアルバム!
あの伝説は、ここから始まりました。
このXがパイオニアとなり、日本では以後多くのヴィジュアル系バンドが生まれることになります。
しかし、他の多くのヴィジュアル系バンドとは少し違います。
Xの音楽は、生やさしくないです。
常に攻撃的で、アグレッシヴで、そして底抜けに切ないです。
ジャンルも、Jロックというよりは、ヘヴィーメタルです。
聴けば一発で分かります。こいつらはヤバイ!!
そして、しばらく聴けば、曲の中に含まれる悲しさに引き込まれることでしょう。
このアルバムは、Xの最高傑作だとオレは思っています。
非常によくできている作品です。
あ、ヤベー、よく考えたらこれ洋楽じゃねぇな。
ま、いっか。

おすすめポイント
まずは曲目から。
blue blood / x

1 prologue(~world anthem)
2 blue blood
3 week end
4 easy fight rambling
5 x
6 endless rain
7
8 xclamation
9 オルガスム
10 celebration
11 rose of pain
12 unfinished


試聴しに行く       歌詞(英語)  歌詞


ちなみにカタカナタイトル。
ブルー・ブラッド / エックス

1 プロローグ(~ワールド・アンセム)
2 ブルー・ブラッド
3 ウィーク・エンド
4 イージー・ファイト・ランブリング
5 エックス
6 エンドレス・レイン
7 クレナイ
8 エクスクラメイション
9 オルガスム
10 セレブレイション
11 ローズ・オブ・ペイン
12 アンフィニッシュト


どの曲をとっても非常にすばらしいです。
Xの代表曲たちです。
まずは、スーパーなハードなものから紹介!
3曲目のweek end、10曲目のcelebrationは、8ビートのロックンロールな感じの曲です。
しかし曲の感じは対称的で、week end は非常に悲しく、celebrationは押せ押せな感じです。
5曲目のXは、有名なあの曲ですね。
ライブでは、「え~くす!!!!」の掛け声と共にジャンプをするんですね。
通称Xジャンプです。
曲は、とんでもない2バスな16ビートです。
ドラムが暴れまくります。
そして、他の楽器もすごいフレーズをたたき出します。
これと同系統なのは、2曲目のblue blood、7曲目の、9曲目のオルガスムです。
どの曲もヤバ過ぎますね、はい。
そして、11曲目のrose of painは、一曲で12分弱の大作です。
組曲になっていて、2つのパートからできています。
クラシカルで幻想的な曲ですよ。

xの魅力はなんと言っても、これらのとんでもなく激しい曲と、ものすごく綺麗なバラードの対比でしょう。
6曲目のendless rainと、12曲目のunfinishedは、すばらしいバラードになっています。
endless rainは、ライブの定番曲となりましたし、unfinishedは、とてつもなく綺麗なピアノに心を打たれます。
どちらも綺麗なアレンジの上に乗る、高音のボーカルが胸に染み入ります。

このアルバムの中の曲は、どれもファンの間で人気で、オレもちょっと紹介しきれないくらい紹介したいです。
ライブでもずっと演奏されてきた曲ばかりで、まさにXの最高傑作といっていい作品だと思います。

音楽CDつくりま専科

メンバー
drums/piano:yoshiki(ヨシキ)
vocals:toshi(トシ)
guitars:hide(ヒデ)
guitars:pata(パタ)
bass:heath(ヒース)
X時代のベーシストはtaiji(タイジ)でした。

公式サイト

ソニーミュージックサイト

ワーナーミュージックサイト

ユニバーサルミュージックサイト

コロンビアミュージックサイト

音楽ファンの新常識!CD物々交換サイトpopmeeting

洋楽INDEXへ           TOPへ

« art of life / x japan | トップページ | la / old man river »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/10057450

この記事へのトラックバック一覧です: blue blood / x:

« art of life / x japan | トップページ | la / old man river »