« toxic / britney spears | トップページ | everything zen / bush »

born to make you happy / britney spears





ダンスバラード。
ブリトニーって、こういうバラードが歌えるんだと、単純に驚いた作品です。
すごく真面目なバラードです。
しかし、基本的にダンスポップのアイドルなので、踊れるビートはしっかり残しています。
オープニングで流れるキーボードと、アコースティックギターの感じが絶妙です。
このアコギは一曲通して、ところどころでかっこいいフレーズをかましています。
全体のアレンジは、基本的にドラムのビートがあって、その上にいろいろな楽器が乗っている感じです。
Cメロ(2番のサビのあと)だけ、ドラムが消えて、キーボードとストリングスとボーカルがメインになりますが、他の部分は基本的にドラムのビートをベースにしています。
だから踊れるビートなんでしょうね。
最後のサビは2度上に転調して、曲をさらに盛り上げています。
しかし、なにはともあれやっぱりこの曲のブリトニーの歌を聞くと驚きます。
こんな真面目な曲を歌えるのかと・・・。

試聴しに行く    ブリトニー・スピアーズ - Baby One More Time - Born to Make You Happy           歌詞

オレのヘッポコ歌詞和訳
タイトルは「born to make you happy」。
このmakeは、「作る」ではなくて、使役動詞の「~にさせる」という意味ですよ。
曲中では、「i was born to make you happy」で「私はあなたを幸せにするために生まれてきた」と言っています。
曲はとても悲しい失恋ソングです。
主人公の女の子は、何を間違ったのか分からないまま別れをむかえることになり、そのつらい気持ちを語っています。
曲調も悲しいですが、歌詞の内容もすごく悲しいので、すごく心が震えます。
自分が失恋したときには、聞かないほうが無難かもしれませんね。
チョイつらい過ぎるかもです・・。

born to make you happy / britney spears
ボーン・トゥ・メイク・ユー・ハッピー / ブリトニー・スピアーズ
部屋の中で一人座ってる
私達が過ごしてきた時を考えてる
私の手の中の写真を見てる

分かろうと一生懸命努力してる
私達がどこで間違ったのか本当に知りたいの
あんなに愛は強いと感じてたのに

☆あなたがここにいてさえくれれば
私達はきっとやり直せるのに

※あなたの愛なしにどうやって生きていけばいいか分からない
私はあなたを幸せにするために生まれてきたのに
だって、あなたは私の心の中にいる唯一の人だから
私はあなたを幸せにするために生まれてきたのよ
ずっといつでもあなたと私
それが私たちの人生のあるべき姿でしょ
あなたの愛なしにどうやって生きていけばいいか分からない
私はあなたを幸せにするために生まれてきたんだから

あなたが行ってしまってから、私がバカだって事はわかってる
あきらめて前に進まないと
だって、あなたと私の夢の中に生きているんだもの
それが私の人生のあるべき姿でしょ?
あなたのために泣きたくない
だから泣いてしまったら許して

☆くり返し

※くり返し

なんだってするわ、私の世界をあなたにあげるわ
永遠に待ってる、あなたの彼女になるのを
ただ、私の名前を呼んで
そうすれば私はそこにいるわ
どれだけあなたのことを気にかけてるかを見せるためだけに

※くり返し×2回くらい


1999年発表のブリトニーのデビューアルバム「...Baby One More Time/ベイビー・ワン・モア・タイム」 に収録されています。
ヨーロッパやカナダで、このアルバムの4番目のシングルカットとして発売されました。
多くの国でヒットチャートの上位に食い込みました。

公式サイト

レーベルサイト

USENが提供する音楽ダウンロードサービス、まずは無料試聴を。
【OnGen USEN MUSIC SERVER】

TOPへ     この一曲INDEXへ

« toxic / britney spears | トップページ | everything zen / bush »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/9861405

この記事へのトラックバック一覧です: born to make you happy / britney spears:

« toxic / britney spears | トップページ | everything zen / bush »