« デジャヴ | トップページ | my guitar lies bleeding in my arms »

damned / bon jovi




ファンキーなリフ!
曲は16ビートのファンキーなギターのリフで始まります。
このギターの音が最高にいいですね。
テレキャスターに少しエッジを効かせたか、ストラトを少し詰まらせたような音です。
このリフにバンドが乗っかってくるんですが、ここからAメロの間ベースが高い音を奏でててすごくかっこいいです。
そしてサビはいつものキャッチーなメロディーです。
このサビでもあのギターのリフが後ろで鳴っています。
ギターソロも、もちろんめちゃめちゃファンキーですよ。
この曲は、ボン・ジョヴィの中でも最もファンキーな曲の一つじゃないでしょうか。
基本的にAメロとサビだけの簡単な曲構成です。
この構成でこれだけ盛り上げられるのは「さすが!」っていう感じですよ。

試聴しに行く   Bon Jovi - These Days - Damned           歌詞

オレのヘッポコ歌詞和訳
タイトルは「damned」。
「damn」という単語は、よく何かを罵るときに使います。
「ちくしょう!」とか、「くそ!」とか、そういう感じです。
しかし曲中では、「damned if you~, damned if you don't」というふうに使われています。
これは「どっちにしてもクソだ。」って事ですね。
板ばさみで、どちらにも身動きが取れない状況のときによく使う表現ですよ。
この曲の中では、つきあい続けるか別れるかで板ばさみになった男のお話が語られてます。

damned / bon jovi
ダムド / ボン・ジョヴィ
君の横に横たわってる
誰か別人のベッドの上で
何をすることが間違いなのかは分かってるよ
でも何も言わないでいたほうがいいんだ

君の呼吸は「叫び」に聞こえる
それがオレの耐えられる全てさ
君の指には彼の指輪が
でも君の手にはオレの心が

※君がオレを愛していてもいなくても、どっちにしてもクソさ
君を引き止めておくのが厳しくなってきてる、でも行かせられはしない
君がオレを必要としてなくてもしていても、どっちにしてもクソさ
神よ!ここに立っているのがオレじゃなければと願うよ
クソだ!

ドアがショットガンのようにバタンと開く
君は飛び起きるんだ
でもそれは、ただオレ達の持つ秘密を通り抜ける風だった
君を欲しいと思わせてよ
神は、オレが君を必要と思うことが必要だってわかってるよ
もうすでにこの愛は終わってる
オレは通りで寝ることになるのさ

※くり返し

なんで話してくれないの?
それはオレが何も見えていないからさ
なんでオレを見てくれないの?
それはオレが息をするのを恐れているからさ
なんでオレから何かを欲しないの?
オレが耐えうる全てのこと
オレの舌にはウソ、振り返ることはできない
分かってるよ、魂がクソなんだ

心配しないで
もう君に電話しないし、君がオレの名前を呼ぶのを聞くこともないよ
もし通りでオレを見かけたら、手を振らずに通り過ぎて
オレ達の人生はこんがらがってきちゃってる
オレ達の物語をまっすぐにしよう
抵抗しようとすればするほど、誘惑は運命に変わっていくんだ

※くり返し×2


1995年発表の6枚目のアルバム「these days/ジーズ・デイズ」に収録されています。

本物の英語に触れるチャンス!イーオン無料体験実施中

メンバー
vocals / guitar:jon bon jovi(ジョン・ボン・ジョヴィ)
lead guitar:richie sambora(リッチー・サンボラ)
keyboards:david bryan(デイビッド・ブライアン)
drums:tico torres(ティコ・トーレス)
bass:hugh mcdonald(ヒュー・マクドナルド)

公式サイト

レーベルサイト

音楽CDつくりま専科

TOPへ     この一曲INDEXへ

« デジャヴ | トップページ | my guitar lies bleeding in my arms »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/9790316

この記事へのトラックバック一覧です: damned / bon jovi:

« デジャヴ | トップページ | my guitar lies bleeding in my arms »