« born to make you happy / britney spears | トップページ | glycerine / bush »

everything zen / bush





グランジ?チョイ違うかも。
すごく独特なサウンドです。
少なくとも日本の音楽には、あまりこのタイプはないんじゃないでしょうか?
グランジと言われればグランジロックなんですが、そうとも断定できないサウンドです。
Aメロの落とし方、ベースラインの作り方はかなりグランジです。
というよりこの曲構成とかがグランジっぽいんですかね。
Aメロのストンと落ちる感じや、サビのギターの混沌とした感じとか。
このギターのサウンドがすごく独特ですね。
もう少し高音を強調したほうが絶対に抜けるロックな音なんですが、そこをあえて抜かせてないのが面白いです。
もしかしたらこのサウンドが、完全なグランジになっていない理由かもしれません。
逆に言えば、これがブッシュの個性的なサウンドの理由なのかもしれませんね。

試聴しに行く          歌詞

オレのヘッポコ歌詞和訳
ぐは!!なんじゃこの歌詞は!
難解にもほどがある。
まずタイトルからしてなんじゃこりゃ?
「everything zen」の「zen」は、「禅」を表しているものと思われます。
「zen」という単語は、結構普通に英語圏で伝わる単語ですよ。
「ミッキーマウス」のくだりは、実はdavid bowie(デヴィッド・ボウイ)のlife on mars?(ライフ・オン・マーズ?)(試聴しに行く David Bowie - Best of Bowie - Life On Mars? )という曲に、似たようなくだりがあります。
よって、次にでてくるdaveは、デヴィッド・ボウイの事なのではないかと思われます。
確かではないですけどね。
あと、2番のAメロででてくる「raindogs」ですが、これは「雨が降った後で匂いが消えて、家への道が分からなくなった犬」のことのようです。
ただ、一般的な英単語ではないようなので、今回もこの解釈でいいのかどうかは謎です。
どうやら、英語を母語とする人たちにとっても難解なようで、いろいろなところで議論が繰り広げられているようです。

everything zen / bush
エヴリシング・ゼン / ブッシュ
食べれるものがあるさ
たぶん、他の恋人を見つける
ロサンゼルスへ飛んで
ケツの穴な兄弟を探しにいったほうがいいかな

ミッキーマウスは牛を育てた
デイヴがまた売りに出されてる
オレ達はバックミラーの中で甘ったるいキスをする
退屈なんだ、お前の責任さ

※一度オレの視点で見てみなよ
全てが禅さ
オレはそうは思わない
全てが禅さ
オレはそうは思わない

レインドッグは100年も遠吠えをしてる
100万ドルのステーキ
お前が半人半神を捜して
お前が聖人のフリをしているのなら
お前の暴力にセックスはないのさ

※くり返し

エルビスが死んだなんて信じない×4

お前の暴力にセックスはない×4

※くり返し×2


1994年発表のブッシュのデビューアルバム「sixteen stone/シックスティーン・ストーン」 に収録されています。
このアルバムのリードシングルです。
また、bushのデビュー曲にもなっています。
はじめはあまり世間に認められず、じわじわとヒットしていった作品です。

宅配DVDレンタルを徹底比較

メンバー
vocals:gavin rossdale(ギャヴィン・ロスデイル)←gwen stefani(グウェン・ステファニーの夫)
guitars:nigel pulsford(ナイジェル・パルスフォード)
bass:dave persons(デイヴ・パーソンズ)
drums:robin goodridge(ロビン・グッドリッジ)

公式サイト

レーベルサイト

★最大1ヶ月無料お試しキャンペーン中!★宅配レンタル『TSUTAYA DISCAS』

TOPへ     この一曲INDEXへ

« born to make you happy / britney spears | トップページ | glycerine / bush »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/9872683

この記事へのトラックバック一覧です: everything zen / bush:

« born to make you happy / britney spears | トップページ | glycerine / bush »