« everything zen / bush | トップページ | carnival / the cardigans »

glycerine / bush




感情を奥に秘めたバラード
すごく静かな曲です。
が、その奥にロックを感じます。
何かを奥に秘めて、押し殺しているような曲です。
なんでしょう、この胸の奥に詰まって、飛び出そうとしている感情は。
非常に不思議な感情を呼び起こす曲です。
オープニングは、この曲のモチーフとなるギターのリフで始まります。
このギターはやっぱり、ブッシュ独特のあのギターのサウンドです。
そのリフのままAメロに入ります。
ところどころでストリングスが入り、高音部を埋めています。
2番のサビあたりから、次第に感情が込みあがってきます。
しかしこの感情は最後まで開放されることはなく、胸にしまいこまれたまま曲は終わっていきます。

試聴しに行く          歌詞

オレのヘッポコ歌詞和訳
これまた難解な詩ですな。
ブッシュの曲にはこういう難解なのが多いです。
歌詞の意味より、音の響きを重視してるからでしょうね。
確かに音の響きは非常にいいです。
「bad moon white」の響きなんかはすごく綺麗ですし、「don't let the days go by」の濁音の響きもすごく耳に残ります。
だから、歌詞の内容を理解しようとするのは、ものすごく難しいです。
ただ、どうやらこの曲は、一緒にいたい恋人と一緒にいられない悲しみを歌っているように、オレは解釈しています。
対称的な表現を使って、全体を幻想的な雰囲気に仕上げていますね。
ちなみに、タイトルの「glycerine」(グリセリン)は、何でグリセリンなのか意味不明です。
ただ、音の響きはすごくいいです。
「gly」と「rine」の発音の響きがすごく耳に心地いいですよ。

glycerine / bush
グリセリン / ブッシュ
オレが沈んでるのは、君の肌なはずだ
本当に違いない、オレはそう感じてるんだから
それにオレは気にしなかったよ、オレのキャラじゃないとか
なんでかって思う時じゃないことも
全てが白くなった
そして、全ては灰色だ
今君はここにいて、今君は遠くにいる
こんなのはいやだ
思い出したんだ
君のいる場所を絶対忘れないって

時を行かせないで
グリセリン×2

オレは決して一人じゃない
オレはいつでも一人だ
君も同じかい?
それともウソをついてるの
オレ達は誰もが盗む
タイヤに住んでる
でもそこがいちご畑であるかのように育ってきた
オレは君に悪くしてきたよ
君はオレの顔にアザを作った
もうこれ以上君を愛せない
君は美しい味を帯びてる

時を行かせないで
君にもっと優しくできたはずだ
オレは変わりたかったのに、できなかった
3人まではもっと楽だったはずだ
オレ達の古い友人は、オレ達二人が一緒なのが怖かったんだ
グリセリン×2
時を行かせないで
グリセリン
時を行かせないで
グリセリン×5

悪い月はまた白い×2
彼女がオレの周りに倒れるように

オレは君がもっと必要だった
オレ達がオレ達をあまり欲しくなかった時に
後戻りのキスはできない
オレだけであるべきなんだ
すごくシンプルで単純なこと
それがいいんだ
それがオレの名前のひとつさ

時を行かせないで
君にもっと優しくできたはずだ×3
グリセリン×4


1994年発表のブッシュのデビューアルバム「sixteen stone/シックスティーン・ストーン」 に収録されています。
このアルバムの4枚目のシングルカットとなりました。
PVも非常に有名で、多くの賞を取りました。

宅配DVDレンタルを徹底比較

メンバー
vocals:gavin rossdale(ギャヴィン・ロスデイル)←gwen stefani(グウェン・ステファニーの夫)
guitars:nigel pulsford(ナイジェル・パルスフォード)
bass:dave persons(デイヴ・パーソンズ)
drums:robin goodridge(ロビン・グッドリッジ)

公式サイト

レーベルサイト

音楽CDつくりま専科

TOPへ     この一曲INDEXへ

« everything zen / bush | トップページ | carnival / the cardigans »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/9874688

この記事へのトラックバック一覧です: glycerine / bush:

« everything zen / bush | トップページ | carnival / the cardigans »