« gold: greatest hits / the carpenters | トップページ | hard to say i'm sorry / chicago »

hero / chad kroeger





スパイダーマンのエンディング
ゆったりとしたテンポのロックです。
でも、あんまりバラードっていう感じでもないです。
ビートがすごく重いからかな?
壮大な広がり感があるのはバラードっぽいですが、ズッシリしたグルーヴは、バラードっぽさを打ち消しています。
曲はドラムのロールで始まり、いきなりボーカルが入ってきます。
Aメロは、アコースティックギターとストリングスが主体のアレンジです。
すごく綺麗ですね。
しかし、サビは重いドラムのビートと歪んだエレキギターが、ガッツリと効いてきます。
重いグルーヴの上で舞うストリングスもすごく綺麗です。
重い地上の上を、ふわっと優雅に空を飛んでいるようなイメージが浮かんできます。
3度目のサビはブリッジになっていて、綺麗なアコースティックギターのアルペジオが聴けます。
こういった、対比的な曲アレンジが感動的に仕上がっていますよ。

試聴できるサイトが見つかりませんでした。YOU TUBEにでも行って「chad kroeger hero」で検索してみてください。      歌詞

オレのヘッポコ歌詞和訳
タイトルの「hero」は、そのまんま「ヒーロー」って事です。
歌詞の内容は、少し抽象的で分かりづらいです。
どうやら、映画「スパイダーマン」の内容に添うストーリーのようです。
と言っても、それにしては少し荒みすぎな感じもしますけど。
ただ、この荒んだ感はちょっとかっこいいですね。
ロックって感じがします。

hero / chad kroeger
ヒーロー / チャド・クルーガー
オレはとても高い所にいて、天の声が聞こえる×2
でも天は、天はオレの声を聞いてはくれない

※みんなはヒーローがオレ達を助けに来るっていう
オレはここに立ち止まって待ったりはしないさ
鷹の翼につかまっていくよ
オレ達が飛び去っていくのを見てな

愛がオレ達みんなを救ってくれるって誰かが言う
でもそんなことありえない
愛がオレ達に何をくれたか見てみろよ
ここは殺しや、血を流すことにあふれた世界だ
そんな世界は決して来ないのさ

※くり返し

今は、世界は終わりに向かってはいない
オレが君に送っているのは愛だよ
それはヒーローの愛ではない
それがオレが恐れている理由だよ

※くり返し

彼らはオレ達を見てるさ
オレ達が飛び去っていくのを×何回か


2002年発表の、「Spider-Man/スパイダーマン・サウンドトラック」に収録されています。
また、シングル「Hero」もでています。
チャド・クルーガーは、アメリカのロックバンドnickelback(ニッケルバック)のボーカリストです。
アメリカのロックバンドsaliva(サライヴァ)の、josey scott(ジョージー・スコット)とコラボレーションしています。
映画のヒット共に、この「hero」も大ヒットしています。

宅配DVDレンタルを徹底比較

nickelbackのアルバム「all the right reasons」の記事

映画「スパイダーマン」公式サイト

イーオン「こども英会話」今なら無料レッスン実施中!

TOPへ     この一曲INDEXへ

« gold: greatest hits / the carpenters | トップページ | hard to say i'm sorry / chicago »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/10008943

この記事へのトラックバック一覧です: hero / chad kroeger:

« gold: greatest hits / the carpenters | トップページ | hard to say i'm sorry / chicago »