« hard to say i'm sorry / chicago | トップページ | spain / chick corea »

解夏 / さだまさし



著者:さだまさし


ただそこに、優しくたたずんでいるストーリー。
ストーリーがふわっとそこにたたずんでいる感じです。
劇的なストーリーの変化も、エキサイティングな結末もありません。
ただ、そこにあるんです。
実はこの本は、タイトルの「夏解」だけではなく、「秋桜」、「水底の村」、「サクラサク」も収録されている、短編集になっています。
全ての作品に共通しているテーマは、「故郷」、「優しさ」、「命」です。
これらの重いテーマを、ふわっとしたストーリーに優しく盛り込んでいます。
そして最後には、優しい感動に包まれることでしょう。
さだまさしさんの、この独特の雰囲気は味わっておくべきものですよ。

「解夏」
ストーリー
東京で教師をしていた男が、ある日徐々に視力を失っていく病気に冒される。
彼は、仕事を辞め、母の住む長崎へと帰る。
そこへ、東京に残した恋人がやってくる。


タイトルは、「げげ」と読みます。仏教用語です。
目が見えなくなる恐怖。
この恐怖との葛藤が見事に描かれていました。
「視力を失う瞬間が、視力を失うという恐怖から解放される瞬間」
それは、「死」というものにもいえるのでしょうか?
少なくともオレはそんなに強くないです。
主人公は、どうやってこの恐怖と向かい合っていくのか。
綺麗な長崎の景色の中での、主人公の心情描写が見事です。

実は、この物語は映画化されています。
こちらもあわせてチェックしてみてはどうでしょうか。

監督:磯村一路(いそむら いつみち)
出演:大沢たかお(おおさわ たかお)
   石田ゆり子(いしだ ゆりこ)
   富士純子(ふじ すみこ)
   田辺誠一(たなべ せいいち)
   柄本明(えもと あきら)


「秋桜」
ストーリー
フィリピンから日本の田舎へ嫁いで来た女性。
田舎という閉鎖的な空間の中で、またフィリピン人という偏見の中で暮らす女性。
彼女が、新たなふるさとを得ていくお話。


タイトルは、「あきざくら」と読みます。
外人、という差別をうまく描けていると思います。
フィリピン人=売春というイメージを持たれながら、気丈に暮らしていく女性。
自然の優しさ、大きさ。
そういったイメージの対比が、この作品を独特なものにしています。
そして、すごく優しく、最後のシーンでは、あまりの優しさに涙があふれますよ。


「水底の村」
ストーリー
小学5年生の頃、故郷がダムの底に沈んでしまった。
その後、男は幼馴染の女の子と恋人同士となる。
しかし、彼女は子供ができ、その子を堕ろした後に家を出て行ってしまう。
そして、ある日主人公はその女の人に会いに行くことになるのだが・・。


この本の中では、この物語が一番お気に入りです。
過去の話を織り交ぜながら伏線を張っていき、終盤に向けて全てが穏やかに収束していく。
そして、全てが結びついたときには、感動のあまり泣いてしまうでしょう。
「故郷」、「愛」、「家族」。全てが結びついたときには、胸がいっぱいになります。


「サクラサク」
ストーリー
主人公は、仕事人間で将来の社長候補。
しかし、幸せだったろうか。
ある日、父親が老人性痴呆症を患い、それを機に家族を見直すことになる。
いつの間にか冷たくなってしまった妻、定職に就かずにぶらぶらする息子、いかにもいまどきの女の子っていう娘。
崩壊の危機に陥った家族の再生の物語。


表面ばかり見ていてはだめということ。
ちゃんとお互いを見詰め合って、初めてお互いのことが分かるんですね。
痴呆が少しずつ進む父親に、主人公がそんなことを言われます。
確かに、その通りですね。
相手を知るためには、まずしっかりと見つめること。
それと、何より相手を知ろうとすることですね。
ひとつの「愛」の形を示してくれています。

全作品を通して、非常に優しいです。
どれも涙が出てしまうようなストーリーですが、決して悲しいわけではないです。
かといって、うれしいわけでもないです。
優しいんです。
優しくて涙が出ることってあるんですね。
とても不思議な雰囲気の感動です。

宅配DVDレンタルを徹底比較

さだまさし公式サイト

小説INDEXへ     TOPへ

« hard to say i'm sorry / chicago | トップページ | spain / chick corea »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/10026129

この記事へのトラックバック一覧です: 解夏 / さだまさし:

« hard to say i'm sorry / chicago | トップページ | spain / chick corea »