« There will be love there -愛のある場所- / the brilliant green | トップページ | greatest hits: my prerogative / britney spears »

冷たい花 / the brilliant green





だるい感じのミドルロック。
ブリグリ独特のだるさが前面に出てます。
AメロとBメロはめちゃめちゃだるく、サビはメジャーキーで明るくキャッチーにという、いかにも「売るぞ」的曲作りですが、まあそれにしてもこのだるさはいいですね。
この作品もブリティッシュロックな音作りになっています。
特に前奏、間奏は、ここだけ聞いたらUKロックかと思うかもしれません。
前奏の最初のダブルチョーキングのフレーズがたまらないです。
このギターの音は、ホントオレ好みですね。
サビでちょっとメジャーキーに抜けすぎるのが、あまり気に入らないんですが、一般的にはウケる曲作りかと思います。
サビのアルペジオのクリーンギターのフレーズなんかも、一般ウケしそうなフレーズですね。
ただ、ベースなんですが、これはどこのパートでもずっしりしていて、非常にいいです。
サビの抜けた中でも、このベースだけは一人でズッシリ頑張っています。
これが程よくバランスをとってるんでしょうね。
それにしてもザ・ブリリアント・グリーンはいつ聞いても、独特な雰囲気を醸し出してます。
すごくマニアックなグルーヴと音作りなのに、サビのメロディーのキャッチーさで、どんな人にも心地よい音楽を作り出してるのは、本当にすごいと思います。
マニアックな人にも、そうでない人にもウケる音です。
素晴らしいですよ。

試聴しに行く           歌詞
オレのヘッポコ歌詞解説
まずは英語の話から。
サビででてくる「i'm feeling myself again. i'm feeling better now.」というフレーズは、「また自分自身を感じてる。今は前よりいい気分だ。」という感じの意味です。
あとは・・・・、いや、英語はこれだけか。

あとはテクニカルな話。
最初のAメロの「差し込む光が、すきま風が、濡れた頬に痛く侵み入るよう」は、比喩を使ってますね。
ほんとに侵み入るわけありませんからね。
いつも思うんですけど、tommyの比喩表現はすごく幻想的で、不思議な感じの比喩です。
不思議な感じといえば、2番のサビにでてくる「大切に壊したい」の表現もすごく不思議な表現ですね。
「大切」と「壊す」という、相反する単語を使って、それぞれを引き立たせています。
相反する言葉が使われているのは、2番のAメロもですね。
「清らかな心で、ぶっ潰したい」です。
ここでも「清らかな心」と「ぶっ潰す」が、互いに引き立たせあっています。
この世界観は見事です。
あと特に書いておくことは、体言止めがちょろっと使われています。
名詞で文を終わらせる技法ですね。
1番のAメロの「小さな新しい夢」や、1番サビの「揺さぶる風」です。
「夢」「風」という名詞で文が終わっています。
音が「パキッ」と終わる感じで、とても歯切れがいいです。

全体的に、歌詞は非常に抽象的で分かりづらいです。
曲のだるさに加えて、歌詞のネガティヴさが、この曲の陰湿さを引き立たせています。
そうでありながら、メロディーがキャッチーになるサビでは、歌詞も少しポジティヴに動いていくという、なんとも難解なことになっています。
歌詞の内容はともかく(っちゅうかよく分からない)、この独特の世界観はとても不思議な感覚にしてくれます。


1998年に発売された、4枚目のシングルです。
ブリグリのファーストアルバム「the brilliant green/ザ・ブリリアント・グリーン」 に収録されています。
「冷たい花」(つめたいはな)は、初登場で1位を獲得しています。
またTBSの「count down TV」(カウントダウンTV)の、オープニング・テーマにもなりました。

メンバー
ボーカル:Tommy/川瀬智子(かわせ ともこ)
ベース:奥田俊作(おくだ しゅんさく)
ギター:松井亮(まつい りょう)

公式サイト

tommyソロプロジェクト公式サイト

英語ファンサイト

USENが提供する音楽ダウンロードサービス、まずは無料試聴を。
【OnGen USEN MUSIC SERVER】

TOPへ     この一曲INDEXへ

« There will be love there -愛のある場所- / the brilliant green | トップページ | greatest hits: my prerogative / britney spears »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/9827496

この記事へのトラックバック一覧です: 冷たい花 / the brilliant green:

« There will be love there -愛のある場所- / the brilliant green | トップページ | greatest hits: my prerogative / britney spears »