« carnival / the cardigans | トップページ | fine / the cardigans »

travelling with charley / the cardigans




プログレか!!
まさかの4・6の10拍子。
ポップなのに変拍子だ。
疑わしかったら数えてみてください。
10拍でワンクールですよ。
かと思えばサビはガッツリ3拍子!
ポップなのに、こんなにプログレな譜割ですよ。
曲の始めは、スウィングなライドシンバルの音で始まります。
このリズム、オレは大好きです。
スネアドラムのフィルと共に、10拍子の独特なリフが始まります。
そのままAメロへ突入して、サビでは抜けるような3拍子!
このリズムチェンジはすごく自然ですが、強いインパクトを与えます。
2番も同じような曲構成です。
そして曲は、そのまま気だるく終わっていきます。
そして最後にまさかの、マイナー7♭5add13のコード。
最後まで楽しませてくれます。

試聴しに行く    The Cardigans - Life - Travelling With Charley           歌詞

オレのヘッポコ歌詞和訳
タイトルの「travelling with charley」は、「チャーリーと一緒に旅をする」っていう意味です。
は?チャーリーってどちら様ですか?
歌詞の内容も、面白いんですが、何がなんだか意味不明です。
チャーリーって誰?もしかして人じゃないとか?
チャーリーっていう犬と一緒に、アメリカを旅する物語があるんですが、それとは無関係なのかな?
ちょっと真相はつかめませんでした。
英語は非常に簡単なので、勉強用にはもってこいですよ。
まあ、訳せても意味が分からないんですけどね。

travelling with charley / the cardigans
トラヴェリング・ウィズ・チャーリー / カーディガンズ
彼からの謎めいた電話を受けるとすぐに
彼の車に飛び乗った
道へと走り出すとすぐに
彼はどこにいくのか忘れちゃった

☆チャーリーと旅をする
私のダーリン刑事

※私のエージェントはまだ事件を解決してないの
私のエージェントは痕跡を見つけられない
でもチャーリーはいつも品がよくて
いつもナイスなの

かわいそうなチャーリー
彼は私以外には何もないのよ

私が彼の記憶を整理していると
彼は木にクラッシュしちゃうの
私達がその場所へ到着すると
誰か他の人が事件を解決しちゃってたのよ

☆くり返し

※くり返し

かわいそうなチャーリー
彼は私以外には何もないのよ
でも私は彼をすごく愛してるの


1995年発表の、カーディガンズの2枚目のアルバム「life/ライフ」 に収録されています。
このアルバムは、カーディガンズが世界進出する最初のアルバムとなりました。

本物の英語に触れるチャンス!イーオン無料体験実施中

メンバー
vocals:nina persson(ニーナ・パーション)
guitar:peter svensson(ピーター・スヴェンソン)
keyboards:lasse johansson(ラッセ・ヨハンソン)
bass:magnus sveningsson(マグナス・スヴェニングソン)
drums:bengt lagerberg(ベングド・ラガーバーグ)

公式サイト

レーベルサイト

★最大1ヶ月無料お試しキャンペーン中!★宅配レンタル『TSUTAYA DISCAS』

TOPへ     この一曲INDEXへ

« carnival / the cardigans | トップページ | fine / the cardigans »

コメント

初めまして。トラックバックから来ました。
Cardigansファンとして、すごく楽しく拝見しました。
しかもチャーリーなんてあまり注目されない曲だけに、すごく嬉しかったです。
「Life」のゆるさだとか実は凝っているところだとか、また聴きたくなりました~。

投稿: ちい | 2008年1月15日 (火) 09:56

ちいさんこんにちは。
はじめましてです。
凝ってる曲が好きなんで、実はチャーリーは大好きなんですよー。
注目されてもされなくても、いい曲はいい!!って事で・・・。

投稿: ペンギンギン | 2008年1月15日 (火) 11:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/9891241

この記事へのトラックバック一覧です: travelling with charley / the cardigans:

« carnival / the cardigans | トップページ | fine / the cardigans »