« endless rain / x | トップページ | celebration / x »

紅 / X



Xの中では、最も情熱的かと。
Xの他の曲と比べると、それほどテンポの速い曲ではないんですけどね。
なんだか、この曲は最も攻撃的でアグレッシブなように感じます。
曲は、オープニング部分と、それ以降の2部に分かれています。
オープニング部分は、ストリングスで始まります。
そのあとに綺麗なクリーンギターのアルペジオが入ってきます。
その綺麗なアルペジオの上に静かなボーカルが乗ってきます。
とても静かで綺麗なオープニングです。
リバースシンバルの音とともに、2部に入っていきます。
こちらはうって変わって、アグレッシブです。
激しいドラムに、テクニカルなギターリフ。
そして特徴的なベースライン。
どの楽器もすばらしいアレンジです。
特にAメロ直前のベース、ブリッジに入ってくるドラムソロ、ギターソロの構成はほんとにすばらしいですね。
そして、この「紅」のもうひとつのウリは、サビのメロディーの綺麗さでしょう。
楽器の攻撃性と、メロディーの綺麗さのミスマッチがたまらないです。

試聴しに行く     歌詞   kurenai歌詞(英語版)

オレのヘッポコ歌詞和訳
歌詞和訳のコーナーになった理由は、実は今回紹介した「紅」のほかに、全篇英語の「kurenai」というのも発表されているからです。
まずは、今回のアルバム版のほうから。
オープニング部の英語は、「kurenai」と同じなので、下に書いた和訳を参照してください。
あとは英語はあまり出てきませんね。
「all of you in my memory is still shining in my heart」が、曲の真ん中辺りでてきますか。
「オレの記憶の中のおまえの全ては、いまだに輝き続けてる」くらいの意味でしょうか。
あとは最後出でてくる、「oh, crying in deep red」ですね。
「深い赤の中で泣いている」っていう意味です。
この「深い赤」が「紅」なんでしょうね。
あえて「紅」で翻訳しなかったですけど。
それでは、以下は英語版の翻訳です。

kurenai / x japan
紅 / X
オレは振り返ることができなかった
おまえはオレから去ってしまった
心の痛みを感じた、おまえについて行くのが怖かったんだ
壁の影を見ていたとき
オレは夜の中に走り出したんだ
オレの中の真実を見つけるために

雑多の通りの中、おまえは一人で立っている
日々の影が、おまえの心に隠れてる
おまえは夜の心を持ち連れている
全てを締め出しながら

※まるで何かがおまえに強要するように
おまえは嵐の中へ走っていく
オレはいつもおまえの心の中にいるのが分からないのか?
なんでオレを一人にしておくのか教えてくれ

心の中でおまえを見失っていたとき
オレはオレの心を土の中に見つけたよ
日々を振り返ってみる
そしてそれはオレの心を痛めつけるんだ
でもそれをやめることはできない

オレの記憶の中のおまえの全ては、いまだに輝き続けてる
おまえは不思議な光をまとっている
そいつがオレをオレの心の中に閉じ込めている

☆オレの心は、痛みで深い赤に染められていく
おまえ以外にオレの痛みを癒せるやつなんていない
どんなに叫ぼうとしても、どんなに走ろうとしても
オレが出来ることなんて何もない
オレの心を隠してる壁は、決して壊されることはない
どんなに壊そうとしても

※くり返し

☆くり返し

オレの心は、痛みで深い赤に染められていく
おまえ以外にオレの痛みを癒せるやつなんていない

深い赤の中で泣き叫ぶ


1989年発表の、Xのデビューアルバム「blue blood/ブルー・ブラッド」に収録されています。
このアルバムのリードシングルとして発売されました。
前述の通り、このアルバムバージョンの他に、全篇英語の「kurenai」(試聴しに行く)もあります。
なぜか、高校野球(甲子園?)の応援のブラスバンドが、よくこの「紅」を演奏しています。

メンバー
drums/piano:yoshiki(ヨシキ)
vocals:toshi(トシ)
guitars:hide(ヒデ)
guitars:pata(パタ)
bass:heath(ヒース)
X時代のベーシストはtaiji(タイジ)でした。

公式サイト

ソニーミュージックサイト

ワーナーミュージックサイト

ユニバーサルミュージックサイト

コロンビアミュージックサイト

★最大1ヶ月無料お試しキャンペーン中!★宅配レンタル『TSUTAYA DISCAS』

TOPへ     この一曲INDEXへ

« endless rain / x | トップページ | celebration / x »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/10147338

この記事へのトラックバック一覧です: 紅 / X:

« endless rain / x | トップページ | celebration / x »