« say anything / x | トップページ | when i dream / carol kidd »

lyla / oasis





ポップなオアシス!
「heeey lylaaa」
サビ頭がめちゃめちゃキャッチー。
このフレーズで一発で引き込まれます。
サウンドの感じは、余すところなく音を敷き詰めていく、いつものオアシスのサウンドです。
グルーヴは少し独特で面白いです。
そして何よりも特徴的なのは、そのポップさです。
オアシスっぽくないです。
ファンからは不満も出そうですが、オレはこういうアクセント的な曲は大歓迎です!
おもしろいから。
曲は、アコースティックギターのリフで始まります。
このリズムが、一曲通してもモチーフとなっています。
このリズムを、少しずつ発展させていくだけの単純な曲構成です。
んが、楽器の使い方や盛り上げ方にすごく工夫がしてあって、その単純さを感じさせませんよ。
うまいですね。
少しずつ空白を埋めていく感じのアレンジがすごくうまいです。

試聴しに行く        歌詞

オレのヘッポコ歌詞和訳
タイトルの「lyla」は、「ライラ」という女性の名前です。
何者かは知りませんけど・・・。
曲の内容という内容はありません。
ただ、この女性のことを書いています。
ただし、その表現の仕方がすごく神秘的で美しいです。
技術的にも「hands」と「stand」や、「mine」と「mind」など、いたるところで脚韻を踏んでいて、耳に心地良いです。
そして何よりも、サビ頭のメロディーと「hey lyla」の音がはまりすぎです。
ぴったりの言葉っていう感じですね。

lyla / oasis
ライラ / オアシス
全ての星達に
降りてくるように呼びかけ
君は手の中に
銀の日差しを受け取るんだ
僕のところに来て
僕を自由にしてくれ
持ち上げて
オレの立っているところに連れて行って

彼女は全てを信じる
そしてみんなを 君を 君のものを 僕のものを
僕は1000年も待ち続けてる
君が来て オレの心を吹くのをね

※ヘイ ライラ!
星は今にも落ちそうだ
それでライラ 君はなんて言う?
僕達の周りの世界は
僕達をちっぽけなものに感じさせる
もし僕の呼ぶ声が君に聞こえないのなら
僕は言えないよ ライラ!
天は君を助けるよ
僕が落ちたら受け止めて

彼女は僕が今まで見たもののクイーンだ
それに全ての歌の 近くの町の 遠くの町のクイーンだ
天は僕のマドマーゼルを助けるさ
彼女は世界中みんなが聞こえるように
ベルを鳴らすんだ

※くり返し


2005年発表の、オアシスの6枚目のアルバム「ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース/don't believe the truth」に収録されています。
このアルバムのリードシングルとして発表され、全英1位を獲得しています。
日本では、映画「シュガー&スパイス ~風味絶佳~(シュガー アンド スパイス ふうみぜっか)」の主題歌になりました。
ソニーのCMにも使われました。
本物の英語に触れるチャンス!イーオン無料体験実施中

メンバー
vocals:liam gallagher(リアム・ギャラガー)
guitars:noel gallagher(ノエル・ギャラガー)
guitars:colin gem archer(ゲム・アーチャー)
bass:andy bell(アンディ・ベル)
drums:zak starkey(ザック・スターキー)

公式サイト

日本語公式サイト

レーベルサイト

TOPへ     この一曲INDEXへ

« say anything / x | トップページ | when i dream / carol kidd »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/10371670

この記事へのトラックバック一覧です: lyla / oasis:

« say anything / x | トップページ | when i dream / carol kidd »