« strange kind of woman / deep purple | トップページ | woman from tokyo / deep purple »

child in time / deep purple




あ~あ~あ~~。
なんと言っても「あ~あ~あ~~」という、ボーカルのフレーズでしょう。
オレはレッド・ツェッペリンの「移民の歌(immigrant song)」と並んで、2大「あ~あ~」系ソングだと思ってます。
この「チャイルド・イン・タイム」は、移民の歌の「あああ~~~~あ!!」とは違って、もっとしっとりした感じに入っていきます。
そしてだんだんとピッチを上げて行き、とんでもないテンションまで持ち上げていきます。
上がりきったところは、まさに圧巻ですね。
どっから声出してんだよ!
なんでそんな声でんだよ!!
と、ツッコミところ満載です。
曲は10分越えと、長編です。
しっとりしたキーボードと共に始まり。
ピッチを上げながら、とんでもないところまで盛り上げていきます。
そして中盤に、ストンとまた落として、そこからまた上げていく感じです。
このしっとりからすごいテンションに上げていく過程がすごいです。
上がりきったところでの楽器隊はものすごいです。
楽器やる人は、どの楽器を聞いても面白いでしょう。
どのパートもすごいテンションで、かなりイッちゃってます。
特に終盤はすごいです。
これは聞いとかないとですよ。

試聴しに行く(ライブ版)  Deep Purple - Rhino Hi-Five: Deep Purple - EP - Child In Time           歌詞

オレのヘッポコ歌詞和訳
タイトルの「child in time」なのですが、「in time」がどういう意味で使われているのか、実はあまり分かっていません。
「in time」には、「ぴったり」とか「時間内に」とか「リズムがピッタリの」のような意味がありますが、どれもしっくりきません。
ちょっと申し訳ないのですが、とりあえず「時の」と訳しておきます。
わかる人がいたら教えてください。
歌詞の内容も、さっぱり意味不明です。
なんだか不思議な世界を作り出しつつも、意味不明です。
一体ナンノコトデスカ的歌詞です。
まあ、意味も分からず雰囲気に浸りましょう。

Child in Time / Deep Purple
チャイルド・イン・タイム / ディープ・パープル

☆時の優しい子供よ
君は善と悪の間に引かれた線が
分かるようになるだろう
この世界を撃つ目の見えない人を見てごらん
弾丸は飛び 鐘を鳴らす
君が悪くしていたなら
主が君を裁くとオレは思う
もしそうでないなら
飛び行く先導によって裁かれる
目を閉じたほうがいい
頭を下げ 跳弾を待て

※君が歌うのを聞きたい

☆くり返し

※くり返し


1970年発表の、ディープ・パープルの4枚目のアルバム「イン・ロック/Deep Purple in Rock」に収録されています。
1996年の映画「ツイスター/Twister」、「奇跡の海/Breaking the Waves」の中に登場します。
イングヴェイ・マルムスティーン(Yngwie Malmsteen)などによってカバーされています。

メンバー(初期のほうをずらっと)
keyboard : jon lord(ジョン・ロード)
guitar : richie blackmore(リッチー・ブラックモア)
drums : ian paice(イアン・ペイス)
bass : nick simper(ニック・シンパー)
vocals : rod evans(ロッド・エヴァンス)
bass : roger glover(ロジャー・グローヴァー)
vocals : ian gillan(イアン・ギラン)
bass : glenn hughes(グレン・ヒューズ)
vocal : david coverdale(デヴィッド・カヴァーディル)

公式サイト

TOPへ     この一曲INDEXへ

« strange kind of woman / deep purple | トップページ | woman from tokyo / deep purple »

コメント

久しぶりにIn Rockを聴いていてChild inTime の歌詞って難解だったなー、と思って検索したところこちらを見つけ、翻訳を見て触発され辞書を引きながら考えてみました。ちょっと見てください。

いとしい子よ、そのうちに
君には線が見えるようになるだろう
善と悪との間に引かれた線が

世界に向かって撃っている
盲目の男を見てごらん
弾丸が飛び打撃を与えている
もし君が悪い子であったなら
神よ、そうに違いないのです、
そして鉛玉に撃たれたこともないのなら、
目を閉じ頭を垂れ
跳弾を待つべきなのだ

in time=早晩という意味もあり。
shoot 「at」なので~に向かって撃つ
やみくもに撃ってるってことでしょうね。
lead(読みはレッド)=鉛
had better=すべきという意味もあり。

なんか掴めてきたかんじです。Child=人間でしょうか。善悪を戦争と絡めて考えてたらちょっとほどけてきました。
ありがとうございました。

投稿: PQ | 2010年3月19日 (金) 16:37

P.S.
「鐘」と書いてありましたが
その部分は
Bullets flying taking tollです。

投稿: PQ | 2010年3月19日 (金) 18:04

>PQさん
和訳ありがとうございます。
とても研究されて和訳されているように感じました。
オレのヘッポコとは一味違います。
確かに「in time」は「早晩」という意味もあると辞書にありました。
それでもやっぱりしっくりこないですね。
「そのうちに」が一番しっくり来る気がしますね。
今度、何人か外国人の方に質問してみようと思います。
lead=鉛は、完全に見落としました。
確かにレッドと発音してますね。
take its tollで、打撃を与えるという意味の成句があるのは知りませんでした。

こんなヘッポコな和訳に付き合っていただいて本当にありがとうございます。
すごく勉強になりました。

投稿: 管理人 | 2010年3月19日 (金) 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/21704206

この記事へのトラックバック一覧です: child in time / deep purple:

« strange kind of woman / deep purple | トップページ | woman from tokyo / deep purple »