« i fought the law / the clash | トップページ | sunset / cozy powell »

don't panic / coldplay




鮮やかなスローナンバー。
冒頭に入ってくるアコースティックギターの音や、ベースの音がとても鮮やかな印象があります。
少し歪ませたエレキギターは、不思議な雰囲気をかもし出しています。
一つ一つの楽器が、いい具合に主張しあっていています。
この音の混ざり具合が鮮やかです。
スローナンバーと書きましたが、スローナンバーといっていいかは疑問が残りました。
一般的に言うスローナンバーではないです。
でもスローロックとかバラードとかとは全然違うんです。
ジャンルは「オルタナティブ」になってるんですけど、この「オルタナティブ」っていうジャンル分けはあいまいすぎますよね。
もう新しい感じのロックは、なんでもオルタナティブみたいな。
ってことで、この「don't panic」を表すジャンルをなんていえばいいかはよく分からないです。
初めて聞いたときは、とにかく新しいと感じました。
ビートは少し強めなんですが、「不思議な世界に連れ込まれて落ち着ける」といった印象があります。
いやホント、不思議な世界です。

試聴しに行く  Coldplay - Parachutes - Don't Panic        歌詞

オレのヘッポコ歌詞和訳
タイトルの「don't panic」は、「うろたえるな」「パニックになるな」っていう意味ですね。
歌詞の内容はきれいですね。
とても幻想的です。
かといって、抽象的な事を言ってるわけではないし。
音ですかね。
言葉の音が、この幻想的感を出しているのかもしれません。
技術的にも結構凝っている感じがします。
終わりの音を揃えたり、曲始めの音を「b」の音ではじめて印象づかせたり。
結構時間をかけて練った歌詞のように感じます。

Don't Panic / Coldplay
ドント・パニック / コールドプレイ

☆石のように沈んでいく骨
僕達が戦った理由の全てさ
そして僕たちが育った家
僕達はみな世話をされてるんだ

※僕達は美しい世界に住んでいる
そうだよ 住んでいるんだよ
僕達は美しい世界に住んでいる

☆くり返し

※くり返し×2

僕の知っていること全て
ここには逃げる場所なんてないんだ
ここにいるみんなには
頼っている人がいるのだから


2000年発表の、コールドプレイのデビューアルバム「パラシューツ/Parachutes」に収録されています。
このアルバムから4枚目のシングルカットになりました。

メンバー
ボーカル:Chris Martin / クリス・マーティン
ギター:Jonny Buckland / ジョニー・バックランド
ベース:Guy Berryman / ガイ・ベリーマン
ドラム:Will Champion / ウィル・チャンピオン

公式サイト

レーベルサイト

ファンサイト

TOPへ     この一曲INDEXへ

« i fought the law / the clash | トップページ | sunset / cozy powell »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/21382127

この記事へのトラックバック一覧です: don't panic / coldplay:

« i fought the law / the clash | トップページ | sunset / cozy powell »