« 蟲師 | トップページ | don't panic / coldplay »

i fought the law / the clash




社会へむけた痛烈なメッセージ!
法と戦い、法に負ける。
そんないつの時代にもあるエピソードを、声を大にして歌っています。
曲は、有名なギターのフレーズから始まります。
このフレーズ、結構いたるところで聞くので、知っているという人も多いのではないでしょうか。
全体的にいかにもパンクという感じで、解りやすくノリやすいです。
リズムもコードもメロディーもすごく単純で解りやすいです。
そしてそこに乗ってくるメッセージも解りやすく痛烈です。
直球勝負。
小細工なし。
まさに大衆の心をつかむ曲に仕上がっています。
社会の問題点をストレートなメッセージで歌い上げる。
まさにパンクロックのあるべき姿ではないでしょうか。
これからもこういった、常識を打ち壊す曲が出てくる事を望みます。

試聴しに行く         歌詞

オレのヘッポコ歌詞和訳
タイトルの「i fought the law」は、「法と戦った」という意味ですね。
「fought」は、「fight」(ファイト)の過去形ですね。
歌詞の内容は、先に述べたとおり一直線です。
ストレートにメッセージを送っています。
英語も分かりやすい表現が多く、回りくどい言い方は一切ありません。
それでいて、言葉の音に関しては結構こだわっているらしく、「n」(ん)の音で終わることが多くなっています。
脚韻を踏むってやつです。
最後の音をそろえることによって、音の響きをよくするんですね。
英語の曲では、誰もが気にするテクニックなんですが、この「i fought the law」では特に「n」の音にこだわっています。
ここまで一つの音にこだわった脚韻は、あまり見られないのではないでしょうか。

I Fought the Law / The Clash
アイ・フォート・ザ・ロウ / クラッシュ

暑い日差しの中
岩を打ち壊しながら
オレは法律と戦った
そして法律が勝ったんだ
お金がなかったから必要だったんだ
オレは法律と戦って
法律が勝ったんだ

※オレは恋人を残してきたんだけど
それがとても気が引けるんだ
レースは始まってしまったようだ
彼女は生涯で最高の女性だよ
オレは法律と戦って
法律が勝ったんだ

6つの銃で強盗をやった
オレは法律と戦って
法律が勝ったんだ
オレは恋人を失って
楽しみも失った
オレは法律と戦って
法律が勝ったのさ

※くり返し

オレは法律と戦って
法律が勝ったのさ×何回か


2003年発表の、クラッシュのベストアルバム「エッセンシャル・クラッシュ/The Essential Clash」に収録されています。
日産「エクストレイル」のCMに使われました。
原曲は、Sonny Curtisによるもので、Bobby Fuller Fourによるカバーも有名です。

メンバー
ボーカル:Joe Strummer/ジョー・ストラマー
ギター:Mick Jones/ミック・ジョーンズ
ベース:Paul Simonon/ポール・シムノン
ドラム:Topper Headon/トッパー・ヒードン

TOPへ     この一曲INDEXへ

« 蟲師 | トップページ | don't panic / coldplay »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/21373714

この記事へのトラックバック一覧です: i fought the law / the clash:

« 蟲師 | トップページ | don't panic / coldplay »