« school of rock / school of rock | トップページ | Edge of Seventeen / Stevie Nicks »

immigrant song / led zeppelin




あああ~~~~~~あ!!!
オープニングから激しいドラミングと、ギターのリフ。
そしてボーカルの雄たけび。
「あああ~~~~~~あ!!!」
どっから声出してんだこれ。
この雄たけびはめちゃくちゃ有名で、テレビなんかでも結構流れてるから、この雄たけびを聞いた事ある人は多いとおもいます。
ボーカルのロバート・プラントの魅力を、存分に聞ける雄たけびですね。
曲は、一曲通してひたすらパワフルです。
どのパートも存分に暴れまわってますね。
ギターのリフがかっこいいのはもちろんなんですが、ベースが暴れまわってる部分も最高にかっこいいです。
ベースがゴツゴツ言ってます。
それぞれのパートを聞いても楽しいですが、やっぱり全体のアンサンブルとして聞くのが最高でしょう。
この心が揺さぶられるような音は、まさにロックです。
メタルです。
この「移民の歌」を語らずして、ロックの歴史は語れない!
まさに、ロックの名曲です。

試聴しに行く  Led Zeppelin - Mothership (Remastered) - Immigrant Song        歌詞

オレのヘッポコ歌詞和訳
タイトルの「immigrant song」は、邦題の通り「移民の歌」ですね。
「immigarant」(移民)の意味を、このレッド・ツェッペリンの曲で覚えた人は結構多いのではないでしょうか。
オレもその一人です。
歌詞の内容は、なんだか日本人にはとても不思議でなじみのないような感じです。
他の土地からやって来た移民が、争いを止め国を築いていくというストーリー。
なんだか昔話みたいなお話です。
英語的には難しい表現はありませんが、なんだか不思議な感じのする英語です。
不思議な英語をしゃべりたい人は、ぜひチェックして欲しい詩ですね。
あ、ちなみに「valhalla」と言うのは、北欧神話に出てくるオーディーンの殿堂のことだそうです。
そこから、戦死した英雄を祀るところという意味になったそうです。

Immigrant Song / Led Zeppelin
移民の歌 / レッド・ツェッペリン

☆氷と雪の土地
温泉が噴出し 真夜中の太陽のある土地
そこからオレ達はやって来る

神の鉄槌がオレ達の船を
新たな土地へと運んでいく
そこで遊牧民と戦い 歌い 笑うために
ヴァルハラ オレはやって来る

※何度もオールをこいで
オレ達は海の上を行く
オレ達の唯一のゴールは西の海岸だ

☆くり返し

おまえ達の土地はなんて穏やかなんだ
なんて緑豊かなんだ
流血の物語が聞こえてくる
オレ達はどうやって戦火の氾濫を鎮めようか
オレ達がおまえ達の君主だ

※くり返し

お前たちは争いをやめ
廃墟を建て直したほうがいい
全てを失ったとしても
平和と信頼が日々を勝ち取るように


1970年発表の、ゼップの3枚目のアルバム「レッド・ツェッペリンIII/Led Zeppelin III」に収録されています。
このアルバムからシングルカットされています。
あまりに有名な曲で、いろいろなアーティストによってカバーされています。
ニルバーナや、クイーン、布袋 寅泰(ほてい ともやす)なんかもカバーをしています。
映画の中でもよく使われていて、「スクール・オブ・ロック」、「シュレック3/Shrek the Third」で使われています。

メンバー
ギター:ジミー・ペイジ / Jimmy Page
ボーカル:ロバート・プラント / Robert Plant
ベース:ジョン・ポール・ジョーンズ / John Paul Jones
ドラム:ジョン・ボーナム / John Bonham

公式サイト

TOPへ     この一曲INDEXへ

« school of rock / school of rock | トップページ | Edge of Seventeen / Stevie Nicks »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/21423920

この記事へのトラックバック一覧です: immigrant song / led zeppelin:

» 【シュレック3】についてブログや通販での検索結果から見ると… [気になるワードを詳しく検索!]
シュレック3 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると… [続きを読む]

受信: 2008年6月14日 (土) 10:12

« school of rock / school of rock | トップページ | Edge of Seventeen / Stevie Nicks »