« ルネッサンス | トップページ | 魔法陣グルグル »

白夜行 / 東野圭吾




ミステリー、そして純愛!
「白夜行」(びゃくやこう)の最大の魅力は、そのミステリーの巧みさでしょう。
最後の最後まで謎が謎を呼ぶミステリーです。
そしてもう一つの要素は、なんといってもその純愛ストーリー。
こちらの純愛の要素は、実は直接的な表現は登場しません。
というのも、この小説「白夜行」の視点は、主人公から見た目線ではないのです。
主人公達の周りに登場する人物が、それぞれの視点で主人公達を見ていく目線になっています。
だから読んでいる方は、それぞれの人物の視点から主人公達の感情を予測していく感じになります。
そういうことで、登場人物たちの感情を読み取っていく、ヒューマンドラマとして読んでも面白いですし、意外なストーリー展開のミステリーとして読んでも面白いです。

著者:東野 圭吾(ひがしの けいご)

ストーリー
19年前(1973年)大阪で殺人事件が起こる。
何人もの容疑者が浮かぶが、結局その事件は迷宮入りに。
その後、その事件の被害者の息子・桐原亮司と、容疑者の娘・西本雪穂の周りに不可解な凶悪事件が次々と起こる。


まず事件についてですが、これは基本的に刑事の目線で描かれます。
なので、捜査線上に浮かび上がった順に事実が明らかになっていきます。
事実といっても、あくまでも刑事の目線から見た事実なので、それが真実であったかどうかというのは読者側の判断に任せられるわけですけど。
同じ理由で事件の経緯や動機も、物語が進むに連れて少しずつランダムに明らかにされていきます。
この一つ一つが伏線になっていき、謎が謎を呼んでいくわけです。
多くの伏線が張ってあり、エンディングまでに綺麗に収束していきますが、あくまでも最後の判断は読者にゆだねられます。
だから、始めに書いた「純愛」に関してもあくまでも予測でしかありません。
そこに愛があったかどうかというのは、読む人によって意見が分かれるところでしょう。
だから読み終わったあとに、読んだ人と議論を交わすのも楽しめる作品ですね。
ある意味すごく実験的な作品ですし、それでいてエンターテイメントしても楽しめる作品です。

この「白夜行」、ドラマ化もされました。
山田 孝之(やまだ たかゆき)、綾瀬 はるか(あやせ はるか)主演でした。
綾瀬はるかの子供時代役は、福田 麻由子(ふくだ まゆこ)です。
こちらの作品は、原作とはうって変わってラブストーリーです。
原作の最後のシーンからドラマが始まるという、衝撃のスタートでした。
こちらはミステリーのネタバラしは最初からしてしまい、主人公二人の視点から見た純愛ドラマにしています。
主人公二人の描写は、原作では淡々とした性格に描かれていましたが、ドラマでは感情の起伏が激しいです。
こんな葛藤も、もしかしたらあったのかもしれないというふうに見ると面白いかもしれません。
ただし、2人の印象は原作とはあまりに違うため、ドラマと小説は別物と考えたほうがいいような気もします。
ドラマの性格上、始めに小説を読まないと原作のミステリー感は楽しめません。
全部ネタ晴らしされた後じゃあねぇ。
小説→ドラマ→小説の順番が一番楽しめると思います。
実は原作を呼んだ人からは、ドラマの批判を多く聞きます。
ただ、ドラマのほうも人物の感情描写が丁寧でおもしろかったです。
特に、桐原亮司の母親(キャストは麻生 祐未(あそう ゆみ))の描写がすごく切なかったですね。
主人公達のラブストーリーとして眺めるとちょっとぬるいですが、親子の切ない関係を見ると、ものすごく良く描かれていますよ。

ドラマの主題歌は、柴崎コウの「影」という曲です。
リズムや、転調のしかたがなかなかトリッキーで、興味深い曲です。
緩やかだけどダイナミックで、ドラマとはすごくマッチしていました。

この「白夜行」、なかなか実験的な作品なので、ぜひ一度手にとって読んでみてください。
そして読者それぞれの解釈をして、いろいろな解釈をいろいろな読者と共有してください。

ドラマ公式サイト

小説INDEXへ     TOPへ

« ルネッサンス | トップページ | 魔法陣グルグル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/22289321

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行 / 東野圭吾:

» 南明奈(アッキーナ)◆流出騒動! [南明奈(アッキーナ)◆流出騒動!]
南明奈は「コムスン騒動」の当事者であるグッドウィル・グループの折口雅博会長の寵愛を受けていたと報じられた。さらに所属事務所から契約解除されていたことも発覚し、今後の活動を不安視する声もあった。 しかし、そんなゴタゴタ [続きを読む]

受信: 2008年7月15日 (火) 14:33

« ルネッサンス | トップページ | 魔法陣グルグル »