« 白夜行 / 東野圭吾 | トップページ | 幸福な食卓 / 瀬尾まいこ »

魔法陣グルグル




冒険ギャグマンガ!!
まずギャグ!
そして冒険!
このギャグたまらないです。
シュールなギャグ満載だけど、インパクト系の笑いも忘れない。
いろいろなタイプの笑いが混在する漫画です。
そのギャグの間といい、的確な突っ込みといい、切れ味抜群のギャグです。
特にコミック序盤では、笑いを詰め込みすぎというほど笑い満載になっています。
そして後半に進むにしたがって、壮大なストーリー性をかもし出していきます。
後半はギャグのネタ切れ的感じもありますが、ストーリーのハラハラ具合と、それをぶち壊すギャグのバランスが良くできていると思います。
このギャグを作り出す登場人物たちの変態っぷりもたまりません。
もう涙が出るほど笑ってください。
そして壮大な冒険ストーリーもお楽しみください。

著者:衛藤 ヒロユキ(えとう ひろゆき)

ストーリー
とある小さな村・ジミナ村。
ある日この村に「勇者募集!! 魔王を倒した者に金5万を与え、コーダイ国の王子とする」と書かれた立て札が立つ。
勇者マニアのバドがこれを見つけ、息子・ニケを勇者として無理やり旅立たせる。
ニケは「グルグル」という魔法を使う魔法使い・ククリと共に、魔王ギリ打倒の旅に出る。


と、ストーリーは良くある魔王退治物。
でもこの「魔法陣グルグル」のほかとは違うところは、最初に紹介したギャグに加えて、その魔法の独特さです。
地面に図形のようなものを書いて魔法を発動させること。
よく失敗すること。
拍子抜けするようなヘッポコな魔法があること。
とにかくこの魔法に関しては、他の漫画とは違います。
こんなヘッポコな感じの魔法なのに、そこには重大な謎が隠されていたりして、ストーリーは盛り上がっていきます。
というか、もともとギャグマンガだから!
こんなに盛り上がるストーリーは必要なのか?と、はじめは思っていたんですが、シュールなギャグを求めて読み進めていくうちに、いつのまにかこのストーリーにハマっていました。

はじめにも書きましたが、登場するキャラクターが強烈です。
ここで書いても何も伝わらないので書きませんが、試しに1巻を読んでみてください。
キタキタ親父に、セリフがさっぱりで台本が必要なボスなど、たまらないです。
そしてシュールなツッコミコメント。
言葉で書いても、全然伝わらないでしょう。
ぜひ一度1巻を手にとって見てください。

「魔法陣グルグル」は、2度アニメ化されています。
始めはそのまま「魔法陣グルグル」、2度目は「ドキドキ伝説 魔法陣グルグル」というタイトルで放送されました。
実は2つ目の「ドキドキ伝説」のほうは見ていないので分かりません。
始めにアニメ化された「魔法陣グルグル」のほうは見ました。
前半は原作に忠実になっていますが、後半は全くのオリジナルストーリーです。
ギャグのテンポは少し子供向けで、インパクトさを重視しているように感じました。
独特のシュールさは、あまり表現できていないように感じました。
お勧めするほどの作品ではありませんが、動くキタキタ親父やサッパリ妖精が見れるので、グルグルファンの方はぜひチェックしてみてください。
ちなみに原作でほとんど登場しなかったエナとゲイルですが、このアニメ版ではしょっちゅう登場します。
ゲイルに一途なエナに結構萌えます。
エナファンは必見です。

第1弾アニメ公式サイト

第2弾アニメ公式サイト

アニメ・コミックINDEX         TOPへ

« 白夜行 / 東野圭吾 | トップページ | 幸福な食卓 / 瀬尾まいこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/22301181

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法陣グルグル:

« 白夜行 / 東野圭吾 | トップページ | 幸福な食卓 / 瀬尾まいこ »