« Don't Cry (Original) / Guns N' Roses | トップページ | 椿山課長の七日間 »

Greatest Hits / Guns N' Roses




最後のロックバンド。
ガンズ・アンド・ローゼズというバンドは、とにかくクセがあります。
ロックが廃れていく中で生き残った、数少ない正統派なロックバンドですが、そのクセの強さはものすごいです。
もちろんこんなベストアルバム1枚聞いたところで、そのクセの強さを満喫することはできませんが、「このバンド、なんだかヤバイゾ!」くらいは感じ取っていただけると思います。
ファンにとっては選曲に不満もあり、入れるべき曲が入ってなかったりもします。
そのため、ガンズ・アンド・ローゼズをちゃんと知るためには、オリジナルアルバムを聞かなくてはなりません。
このベスト版はあくまでも初心者導入版ですね。
初心者には割と聞きやすい選曲になっています。
いきなりガンズ・アンド・ローゼズのクセの強さを聞かされても、なかなか理解できないですからね。

おすすめポイント。
まずは曲目から。

Greatest Hits / Guns N' Roses
1 Welcome To The Jungle
2 Sweet Child O' Mine
3 Patience
4 Paradise City
5 Knockin' On Heaven's Door
6 Civil War
7 You Could Be Mine
8 Don't Cry(original version)
9 November Rain
10 Live And Let Die
11 Yesterdays
12 Ain't It Fun
13 Since I Don't Have You
14 Sympathy For The Devil


試聴しに行く  ガンズ・アンド・ローゼズ - Guns N' Roses: Greatest Hits          歌詞


ちなみに日本語タイトル。

グレイテスト・ヒッツ / ガンズ・アンド・ローゼズ
1 ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル
2 スウィート・チャイルド・オブ・マイン
3 ペイシェンス
4 パラダイス・シティ
5 ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア
6 シヴィル・ウォー
7 ユー・クッド・ビー・マイン
8 ドント・クライ(オリジナル・ヴァージョン)
9 ノーヴェンバー・レイン
10 リヴ・アンド・レット・ダイ
11 イエスタデイズ
12 エイント・イット・ファン
13 シンス・アイ・ドント・ハヴ・ユー
14 悪魔を憐れむ歌


まず、必ず聞いておかなければならないのは、1曲目の「welcome to the jungle」ですね。
すごくポップな感じなロックンロールで、誰にでも聞きやすいですし、キャッチーです。
それでいて、ガンズ・アンド・ローゼズ特有のクセッ気も入っていて、ガンズ・アンド・ローゼズ初心者にはうってつけの曲です。
キャッチーなロックンロールといえば、8曲目の「you could be mine」と、12曲目の「ain't it fun」も聞き逃せません。
ただし、こっちはかなりクセが強いです。
「you could be mine」は、映画「ターミネーター2」のテーマソングにもなっているので、聞いたことがある人も多いかと思います。

ここまで紹介したような激しい曲とは対照的に、バラードのほうもかなりいい曲が入っています。
特に9曲目の「november rain」は有名で、オーケストラを使った、壮大なバラードになっています。
8曲目の「don't cry」も素晴らしく、メロディーメイカーとしての実力も証明しています。
ただし、どちらのバラードもクセが強く、一般的なバラードとはかなり違った感じになっています。

カバー曲もたくさん入っていて面白いです。
5曲目に入っているボブディラン(Bob Dylan)の「knockin' on heaven's door」や、10曲目のポール・マッカートニー(Paul McCartney)率いるバンド・ウイングス(Wings)の「live and let die」(原曲を試聴Wings - Wings Greatest (Remastered) - Live and Let Die)、12曲目のデッド・ボーイズ(The Dead Boys)の「ain't it fun」(原曲を試聴The Dead Boys - We Have Come for Your Children - Ain't It Fun)、13曲目のザ・スカイライナーズ(The Skyliners)の「since i don't have you」(The Skyliners - The Skyliners: Greatest Hits - Since I Don't Have You)、14曲目のローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)の「sympathy for the devil」(原曲を試聴The Rolling Stones - Rolled Gold + - Sympathy for the Devil)です。
これは、ガンズ・アンド・ローゼズが、カバーアルバム「スパゲッティ・インシデント?/The Spaghetti Incident?」を出していることにもよります。
これらのカバー曲たちも、ガンズ・アンド・ローゼズのあの独特のクセが入っていて、とても面白いですよ。

公式サイト

レーベルサイト

メンバー:
ボーカル:アクセル・ローズ(Axl Rose)
ギター:スラッシュ(Slash)
ギター:イジー・ストランドリン(Izzy Stradlin)
ギター:ギルビー・クラーク(Gilby Clarke)
ギター:ポール・トビアス(Paul Tobias)
ベース:ダフ・マッケイガン(Duff McKagan)
ドラム:マット・ソーラム(Matt Sorum)
ドラム:スティーヴン・アドラー(Steven Adler)
キーボード:ディジー・リード(Dizzy Reed)

洋楽INDEXへ           TOPへ

« Don't Cry (Original) / Guns N' Roses | トップページ | 椿山課長の七日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/27574097

この記事へのトラックバック一覧です: Greatest Hits / Guns N' Roses:

« Don't Cry (Original) / Guns N' Roses | トップページ | 椿山課長の七日間 »