« Fantasy / Earth, Wind & Fire | トップページ | Space Sonic / ELLEGARDEN »

Fire Cracker / ELLEGARDEN




ポップさが潜む、激しいビート。
メロディーのキャッチーさがかなりポップ。
それでいて作り出すビートはすごく激しく、そのポップさを感じさせません。
多くのリスナーは、そのポップさに気がつくことも無く、曲を聴き終えてしまうのではないでしょうか。
イントロから、楽器隊の作り出すリフが激しいです。
Aメロはクランチギターのアルペジオが印象的で、落ち着いた感じになっています。
そこからサビに移行する際に、一瞬だけ楽器隊が音を出さずに、ボーカルの音だけになります。
そこからサビで一気に爆発させて行きます。
ここの展開がめちゃくちゃかっこいいです。
Aメロとサビとの対比も、すごくはっきりさせていて曲全体にメリハリがあります。
しかも、コアで激しいだけではなく、ポップさも潜めているので、どんな人にも聞きやすい作りになっていますね。

試聴しに行く          歌詞

オレのヘッポコ歌詞和訳
タイトルの「Fire Cracker」は、「爆竹」という意味です。
このタイトルと、歌詞の内容の意味がどこで一致するのかよく分かりません。
そもそも歌詞の内容が抽象的で、テーマをぼかしているような感じなので、補足が無ければ理解しがたいです。
ただ、よく意味は分かりませんが、なんだかかっこいいです。
技術的なことを使っている形跡は無く、ひたすらに自分の気持ちを書いた、ストレートな内容のようです。
ま、意味は分かりませんけど。

Fire Cracker / ELLEGARDEN
ファイヤー・クラッカー / エルレガーデン

オレはついに理解した
オレ達はみんな
終わりの無いゲームをするためにここにいるんだ
そして勝つことは
負けることのように悪いことなんだ

☆オレは病気だろうか?
もうこれ以上
オレは今夜 どんな風なのだろうか

※オレの静的な夢の中を
浮遊しているものを見つけるために
ただ歌う ただ歌う
たとえその言葉を
言ったことがなかったとしても
もう嘘はつくな
オレの静的な夢の中を
浮遊しているものを見つけるために
ただ歌う ただ歌う
たった今感じている言葉を
言ったことがなかったとしても

ともあれオレは
こんな遠くまで来てしまった
そしてついに最後のページをめくった
数えられないほど多くの記憶が
今でもオレを引き戻すんだ

☆くり返し

※くり返し

オレがかつてよく歌っていた
聞き飽きた夏の歌
そして君は
オレが良いやつだってことにどうにか気付いたんだ
君と共にいることがすごく楽しいんだ
オレがどれだけ君と話すことを渇望していたか
君は想像もつかないさ

オレ達はそれを
自然のままにしておくことができる
オレ達は同じように
一つでいられる

※くり返し


2006年発売の、エルレガーデンの5枚目のアルバム「ELEVEN FIRE CRACKERS/イレヴン・ファイヤー・クラッカーズ」に収録されています。

公式サイト

メンバー
ボーカル・ギター:細美武士(ほそみ たけし)
ギター:生形真一(うぶかた しんいち)
ベース:高田雄一(たかだ ゆういち)
ドラム:高橋宏貴(たかはし ひろたか)
TOPへ     この一曲INDEXへ

« Fantasy / Earth, Wind & Fire | トップページ | Space Sonic / ELLEGARDEN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489893/29217485

この記事へのトラックバック一覧です: Fire Cracker / ELLEGARDEN:

« Fantasy / Earth, Wind & Fire | トップページ | Space Sonic / ELLEGARDEN »